過去の浮気の慰謝料はいくら?弁護士に依頼して減額できたSさん事例

弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士  


ご相談者Sさん (福岡市東区)
職業:50代会社員
解決方法:裁判
慰謝料を請求された

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
慰謝料 330万円支払う 30万円 300万円減額

状況

Sさんは、約3年前に前の職場を退職しました。

その理由が、パワハラやセクハラなど、職場環境の悪さにありました。

Sさんは当時、職場の上司との関係が悪くなれば、自分の立場が悪くなると考え、常に機嫌を取ることを考え、メールも親しみを込めた内容を送っていました。

ところが、Sさんの退職後約3年して、この上司の妻が、Sさんのメールのやり取りを発見しました。

そのため、この上司の妻は、Sさんが不貞関係にあったとして慰謝料を請求してきました。

Sさんは、上司の機嫌取りはしていたものの、肉体関係をもったことなどありませんでした。

上司の妻には代理人弁護士がすでに就いていたため、Sさんは弁護士に相談しました。

 

 

弁護士の関わり

裁判所弁護士は、Sさんの代理人として、相手に受任通知を送付し、肉体関係がないこと、慰謝料の請求には一切応じられないことを主張しました。

すると、相手方はすぐに裁判(訴訟)を起こしてきました。

なお、相手方は、裁判と同時並行で夫に離婚調停を申立て、離婚自体はすぐに成立していました。

裁判では、肉体関係を裏付ける証拠として、過去のメールのやり取りが大量に提出されました。

Sさんとしては、いずれも肉体関係を裏付けるものではないことを根気強く主張しました。

他方で、メールのやり取りから肉体関係はうかがえないものの、親密さはうかがえるものでした。

スマホを見て悩む女性のイラストSさんとしては単なる機嫌取りでしかなかったのですが、機嫌取りであるように悟られないよう文面を工夫したことがかえって裏目に出てしまいました。

裁判は尋問まで進みました。

その後裁判所からは心証が示されました。

Sさんの行為を理由に相手方夫婦が離婚したということはできないことが伝えられました。

一方で、Sさんのメールを目にしたときの妻の感情をまったく考慮しないこともできないと伝えられました。

裁判所からは、40万円から50万円で和解の検討をしてほしいと打診を受けましたが、期日間の交渉の結果、最終的に30万円で和解成立となり、大幅減額にて合意に至ることができました。

 

 

補足

本件のメインの争点について解説します。

不貞慰謝料の時効について

不貞行為があった場合の損害賠償請求は、「損害及び加害者を知った時から三年間」可能になります。

本件では、Sさんのメールのやり取りからすでに3年以上経過していましたが、相手方がその事実を知ったのが最近であったため、時効によって慰謝料請求が消滅しない事案でした。

 

不貞慰謝料の損害額について

もっとも、仮に肉体関係があったとしても、3年以上の月日が経過した時点で離婚した場合、その肉体関係によって夫婦関係が破綻したといえるかは非常に怪しくなります。

また、相手方の夫(Sさんの元上司)は、その他の女性複数人と不貞関係があったようで、結論的にはその女性たちとの関係が夫婦関係の破綻をもたらしたという方が自然でした。

その結果が、本件における慰謝料の大幅減額をもたらしたといえます。

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

 

 

不貞示談書自動作成



なぜ離婚問題は弁護士に相談すべき?弁護士選びが重要な理由とは?   

続きを読む



あなたにおすすめの事例

  • 1
  

未成年者の不倫でも慰謝料を支払う?【弁護士が事例で解説】

Sさんは、相手方の夫であるMさんと約半年ほど交際。当初、既婚者であることを知りませんでしたが、友人からMさんが既婚者であることを知ると同時期に、関係が発覚。半年後、慰謝料請求され、未成年者であったSさ[...]

依頼結果:

慰謝料 100万円(150万円減額)
 


/ 大学生 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す