不倫の示談書|書き方や注意点を弁護士が解説【自動作成機付】


不倫の示談書とは

示談書とは、当事者間の合意(示談)の内容を記載した書面のことをいいます。

不倫の示談書は、不貞行為による慰謝料に関して、加害者と被害者との間で交わす示談書となります。

不倫の示談書の書き方・テンプレート

不倫の示談書は、損害賠償の額や支払い方法等を確定するための合意書であり、極めて重要な法律文書です。

しかし、適切な内容の不倫示談書を作成するためには、不倫に関する様々な法律知識やノウハウを身につけておく必要があり、一般の方が自分の力だけで作成するのは難しいと考えられます。

以下に不倫の示談書のテンプレートを掲載していますので、参考にしながら作成されると良いでしょう。


示談書

PDF形式でダウンロード Word形式でダウンロード

なお、離婚協議書については、こちらのページをご覧ください。


【3者間で示談したい場合】

不倫の事案では、示談成立後に加害者第三者から不倫をした加害者配偶者に対して、求償権※を行使される場合があります

この求償権の行使を阻止したい場合(離婚ではなく夫婦関係を修復するケースなど)、加害者配偶者を示談当事者に加えて3者間で示談する方法が想定されます。

この示談書はこのような場合のサンプルとなります。

※求償権とは、自分が負担すべき金額を超えて、他人のために金銭等を支払った場合に、その他人に対して返還を求める権利をいいます。


示談書

PDF形式でダウンロード Word形式でダウンロード

なお、離婚協議書については、こちらのページをご覧ください。


自動作成機

当事務所では、不倫の示談書を手っ取り早く作成したいという方のために、オンラインで、かつ、無料で自動作成できるサービスをご提供しています。

以下の空欄にご入力いただくことで、不倫示談書のサンプルをご確認いただけますので、ご参考にされてください。

※基本的なパターン(よくある事案)には対応しているため、多くの方のお役に立てるものと考えています。

しかし、皆さまのおかれた状況は様々ですので、あくまで参考程度(不倫示談書の下書き)として捉えていただき、くわしくは不倫専門の弁護士へ相談されることをお勧めいたします。



当事者について
被害者の氏名

氏名をご入力ください
 ※このままでも進めます

加害者の氏名

氏名をご入力ください
 ※このままでも進めます

慰謝料について

金額

金額をご入力ください

支払方法

支払期限 
年 
月 

支払期限を入力 ※このままでも進めます




合意締結の年月日
年 
月 

※このままでも進めます





必ずお読みください(免責事項)

この不倫示談書の自動作成機は、簡易迅速に不倫示談書の下書きを作成することを目的としているため、正確ではありません。
また、この自動作成機には下記のような問題点があります。
そのため、あくまで参考程度にとどめて、不倫に精通した弁護士にご相談されるようにしてください。

1 条件の妥当性を考慮していません

不倫問題を解決するためには、適切な慰謝料で示談を成立させることがとても重要です。
適切な慰謝料の額は具体的な状況によって異なります。一度示談書を締結すると、後からその合意の効力を否定することは困難となります。 したがって、最終的に合意される前に、不倫問題の専門家に相談されることを強くお勧めいたします。

2 例外的な事案や個別事情を考慮していません

この不倫示談書の自動作成機は、基本的な事案(典型的によくあるパターン)を前提としており、例外的な事案や個別事情は考慮していません。 そのため、参考程度にとどめ、専門家へご相談されることをお勧めいたします。

3 自動作成機を利用されたことにより生じた不利益な結果や損害などについては、一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

当事務所には、不倫に注力する弁護士のみで構成される不倫チームがあり、不倫に直面されている被害者を強力にサポートしています。 遠方の方については、LINEなどを利用したオンライン相談も可能です。不倫でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

無料相談の流れはこちらからご覧ください。





不倫の示談書作成の5つの注意点

不倫の示談書作成の5つの注意点の図

示談書は適切に作成すれば、法的な根拠がある書面として、とても有益なものとなります。

しかし、不適切な内容のものだと無効となってしまうので注意が必要です。

ここでは、不倫の示談書を作成する際に注意すべきことを紹介するので、ご参考にされてください。

①当事者を確定する

示談書図1

示談は、契約の一種であるため、契約の相手方を確定しなければなりません。

当事者の確定は、基本的には被害者及び加害者の氏名や住所で行います。

したがって、示談書には氏名や住所を記載するようにしましょう。


②事案を特定する

示談書図2

示談の対象となった事案をできるだけ特定しましょう。

不倫の場合、通常、加害者が被害者の配偶者と不倫をした事実を摘示します。

また、特定が可能であれば、不倫の期間等も示すと良いでしょう。


③金額やその支払い方法を明示する

示談書図3

示談で合意した金額を明記します。

また、その名目についても、できるだけ記載しましょう。

名目としては、「慰謝料」「損害賠償」「解決金」などが考えられます。

不倫の場合、財産的損害ではなく精神的損害であるため、慰謝料を選択されると良いでしょう

金額に関しては、支払い方法も重要となります。

すなわち、いつ、どのようにして支払うか、という問題です。


一括払いか分割払いか

被害者の立場としては、一括払いが望ましいといえます。

しかし、加害者の支払能力が乏しい場合、分割払いとなるケースもあります。

上記の自動計算機は、いずれの場合でも対応可能となっています。


④清算条項を失念しない

示談書図4

示談書は、通常、権利義務を確定させて、紛争を解決するために作成するものです。

例えば、100万円の慰謝料を支払うという内容で示談したとします。

加害者としては、100万円を支払うことで決着がついたと考えるでしょう。

ところが、示談成立後、被害者が追加で100万円を支払えと請求してくることがあります。

このとき、効力を発揮するのが清算条項と呼ばれるものです。

第●条 甲と乙との間には、本件に関し、本示談書に定めるほか、何らの債権債務がないことを相互に確認する。

清算条項というのは上記の例ように、示談書に記載されている以外のことについては、合意後は一切請求できなくなるということを確認する条項です。


【三者間で示談を行う場合】

上記で解説したように、被害者、加害者第三者及び加害者配偶者の三者間で示談を締結する場合もあります。

このような場合、精算条項は、2名ではなく、3名を記載することとなります。

また、精算するのは、被害者と加害者第三者、加害者第三者と加害者配偶者とするのが通常です。


第●条 甲乙丙は、本件に関し、本示談書に定めるほか他、甲乙間、乙丙間において、何らの債権債務が存在しないことを相互に確認する。



⑤日付や署名を失念しない

示談書図5

示談書には、和解契約の年月日がわかるように、日付を入れるようにしましょう。

また、当事者の合意の存在を示すために、必ず署名するようにしましょう。



示談書のポイント

法的に有効な示談書を作成できたとしても、それがあなたにとってベストなものとは限りません。

ここでは、より良い示談を行うために、ポイントとなる点をご紹介いたします。

不倫の専門家にチェックしてもらう

不倫の示談書は、被害者と加害者の権利義務を確定する重要な法律文書です。

また、法的に有効な示談書を作成すると、後から取り消したいと思っても、基本的には取り消すことはできません。

そのため、示談書は慎重に作成すべきです。

上記でご紹介した不倫の示談書のテンプレートは一例に過ぎず、示談書に記載すべき文言は、具体的な状況によって異なります

そのため、上記のテンプレートや示談書の自動作成機は参考程度にとどめて、離婚・男女問題専門の弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

不倫に精通した弁護士であれば、具体的な状況を前提として、適切な示談書を提案してくれるでしょう。