なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか

情報量とノウハウの格差が大きい

交通事故の被害者の方で、交通事故賠償実務の知識と交渉ノウハウを持っている方はほとんどいません。

他方で、加害者が任意保険に加入している場合、保険会社が交渉窓口となります。

保険会社の担当者は、日常的に交通事故案件を取り扱っており、交通事故案件の知識と交渉ノウハウを持っています。

したがって、離婚や相続といった問題と違い、交通事故については、そもそも当事者である被害者側と加害者側の情報格差が極めて大きい分野だといえます。

専門の弁護士に相談、依頼することで、適切な補償内容を確認した上で、交渉を進めていくことが、適切な補償を受け取ることにつながるのです。

 

保険会社との面倒なやり取りを弁護士に任せられる

交通事故に遭ってからも被害者の方は仕事や家事、育児をする必要があります。

その忙しい中で、保険会社からかかってくる電話にも対応しなければなりません。

弁護士に依頼した場合、弁護士が交渉窓口になるため、保険会社から被害者に直接電話がかかってくることはありません。

被害者としては、定期的な弁護士からの報告を待つだけで良くなります。

 

不安や疑問があればいつでも相談できる

治療中や示談交渉中には、後遺症のことや賠償額のことなど、何かと不安や疑問が生じます。

弁護士に依頼していれば、電話やメールで気軽に弁護士に質問することができ、不安やストレスを溜めることなく生活できます。

 

適切な賠償金を受け取ることができる

インターネットにより、交通事故に関しても様々な情報を収集することができるようになったため、被害者も裁判基準の慰謝料の目安や後遺症の内容に応じた逸失利益の計算方法について、一定の知識を得ることができるようになりました。

しかしながら、現実の保険会社との交渉において、被害者がいくら「裁判基準で賠償金を計算して支払って欲しい」と主張しても、認められないことがほとんどです。

なぜなら、保険会社の内部で、裁判基準を目安とする提案は実際に弁護士に依頼しているケースでなければ対応しない運用がとられているからです。

したがって、賠償の基準で最も高い基準である裁判基準で適切な補償を得るためには、弁護士の力が必要なのです。

 

 

交通事故問題を任せる弁護士の選び方は?

弁護士によって取り扱う案件に対する考え方は様々であり、特に専門分野をもたずに、事務所に来た案件にその都度対応しているという弁護士も多くいます。

こうした弁護士は、年に数件〜10件程度しか交通事故の相談を受けていないでしょう。

交通事故を専門的に扱う弁護士であれば、日常的に交通事故案件を取り扱っており、年間100件を超える相談を受けている方もおり、交通事故賠償実務の知識・ノウハウを持っています。

したがって、依頼する弁護士は、交通事故案件を専門的に取り扱っている弁護士が安心できるはずです。

また、弁護士が事故直後からサポートしてくれるかもポイントです。

弁護士によっては、弁護士の仕事は示談交渉と裁判なので、それ以前のサポートはしないという弁護士もいます。

しかし、示談交渉や後遺障害の結果は、事故直後や治療中の事情が影響することがあるのです。

したがって、事故直後からサポートしてくれる弁護士を探されるべきでしょう。

 

 

当事務所の交通事故相談のメリット

当事務所は、地域最大級の事務所であり、各弁護士が「専門特化」することを第1の行動指針に掲げています。

交通事故分野でも専門のチームがあり、日常的に数多くの交通事故案件を取り扱っています。

交通事故相談だけでも年間380件(2020年)を超える相談を受けています。

事案によっては、専門チームの弁護士複数名で対応にあたるなど、交通事故被害者の方を強力にサポートしています。

 

被害者の方が最も不安な時を過ごされるのは、事故直後から治療されている間だと思います。

いつまで治療を続けられるのか、後遺症が残ってしまうのではないか、賠償は適切に支払ってくれるのかといった不安は示談交渉前に生じます。

また、適切な後遺障害認定がなされるには適切な後遺障害申請を行わなければなりません。

適切な後遺障害申請を行うには、治療中からサポートさせて頂き適切な後遺障害診断書を作成することが大切です。

当事務所では、事故直後から弁護士が介入し保険会社の対応につとめ、被害者の方が事故直後から不安のない日常生活に戻れるようサポートしています。

 

上記したとおり、当事務所では、数多くの交通事故案件を取り扱っており、専門チームの弁護士は、交通事故賠償交渉の知識とノウハウを持っています。

当事務所では、保険会社の提案に対して妥協することなく徹底的に交渉を行います。

 

後遺障害申請は、書面審査なので提出する書類が非常に重要です。

当事務所では、後遺障害診断書のチェックはもちろんのこと、必要に応じて、医師への医療照会、主治医との面談、画像鑑定のサポートなど、被害者が適切な後遺障害認定を受けるために強力にサポートしています。

 

仕事や家事、育児をする中で、平日の昼間に保険会社からの連絡の対応をすることは大変です。

当事務所では、ご依頼後、すぐに受任通知を保険会社に送付し、交渉窓口を全て弁護士にするため、ご依頼後は保険会社から直接被害者に連絡があることはありません

 

当事務所では、依頼者の方に「誰よりも寄り添う」ことを行動指針としています。

交通事故により被害者の方やご家族の生活が一変してしまうことがあります。

そうした時には、被害者の方やご家族の不安や苦しみを理解し共感して最終的な解決まで寄り添って活動していくことはとても大切なことであると考えています。

 

 

当事務所のサポート内容

当事務所では、それぞれの被害者の方やご家族の状況に応じて最良のサポートを提供できるよう努めています。

 

 

 

弁護士に依頼して良かった?〜お客様の声〜

当事務所の交通事故専門の弁護士が解決した事案の中で、お客様の声をいくつかご紹介します。


今回1年間の間に2件の交通事故に遭いました。1件目の事故では最初、保険会社にまかせていたので過失が相手:自分=7:3でした。
もらい事故だったので納得いかずデイライト法律事務へ依頼しました。
弁護士が相手保険会社との対応をしっかり行ってくれ、相手:自分=95:0になり、本当に助かりました。
依頼してから精神的に楽になり、治療に専念できました。
2件目は相手の車が後ろから追突してきた事故でしたが、事故当初から同事務所へ依頼しました。
弁護士は頼りになり心強かったです。本当にありがとうございました。


この度は大変お世話になりました。正直、後遺障害が認定されるとは思っていなかったので、本当にとても感謝しております。
とても丁寧な対応に安心して全てお任せすることができました。本当にありがとうございました!
またなにか困った事があればお願いしたいと思います。また知人にもご紹介させていただきたいと思います。


日常生活に加え、通院と保険会社との交渉が増え、手一杯になったタイミングでデイライトさんを紹介していただきました。
自分では絶対に得ることができなかった示談金額に驚きました。なにより通院に専念でき、安心することができました。大変感謝いたします。

<お客様の声をもっと読む>

 

 

 



なぜ交通事故は弁護士選びが重要なのか

続きを読む