自転車同士の事故|過失割合や示談までの流れは?

執筆者:弁護士 木曽賢也 (弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士)

自転車事故の交通事故にも過失相殺は適用されます。

どの割合で相殺されるかは、具体的な事故状況によりますが、ある程度類型化されている部分もあります。

示談までの流れについては、相手方が保険に加入しているかどうかで異なってきます。

以下、詳しく解説します。

 

この記事でわかること

  • 自転車事故の過失割合について
  • 自転車事故の解決の流れや賠償金について
  • 自転車事故の注意点

 

 

目次

自転車同士の過失割合の基準

自動車やバイクが関係する交通事故や、自転車と歩行者との交通事故の過失割合については、別冊判例タイムズ『民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準』(東京地裁民事交通訴訟研究会編)という書籍を参考に検討します。

参考:別冊判例タイムズ

この書籍には、各種の事故を類型化して過失割合の目安が示されているのですが、自転車同士の事故は、記載されていません。

もっとも、2014年に公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部過失相殺研究部会から、自転車同士の事故における過失割合の基準の試案(日弁連交通事故相談センター東京支部 『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』下巻 2021年参照) が出されています。

参考:当センターの刊行物について(青本及び赤い本)|日弁連交通事故相談センター東京

ここでは、この試案に基づいて、自転車同士の事故を解説していきます。

※あくまで試案であり、個別具体的な事案により異なる過失割合となる可能性がありますので、この点ご留意ください。

 

 

自転車同士の事故の過失割合の具体例

①信号がある交差点で、一方が赤信号、他方が青信号の事故

基本過失割合
A車→0%
B車→100%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車に何らかの過失又は
B車が明らかに先に交差点に進入
+10%
A車の著しい高速度進入 +10〜20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

「児童」は、6歳位以上13歳未満の子どものことです。

「高齢者」は、65歳以上を指します。

「高速度進入」は、概ね時速20kmを超えて交差点に進入した場合です。

「著しい高速度進入」は、概ね時速30kmを超えて交差点に進入した場合です。

「著しい過失」には、以下のような事情があります。

  • 片手運転
  • イヤホン・ヘッドホンを付けての運転
  • 二人乗り
  • 大きな荷物や車体から大きくはみ出る荷物等の積載
  • 著しい前方不注視
  • 酒気帯び運転

「重過失」については、以下の事情があります。

  • 携帯電話の通話や、携帯メール等、携帯電子通信機器の操作
  • 酒酔い運転
  • 制動装置(ブレーキ)の不良

 

 

②信号がある交差点で、一方が赤信号、他方が黄色信号の事故

基本過失割合
A車→20%
B車→80%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の赤直前の進入 +10%
衝突時B車の信号が青 +20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の高速度進入 -10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

③信号がある交差点で、一方が赤信号、他方が赤信号の事故

基本過失割合
A車→50%
B車→50%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車に何らかの過失又は
B車が明らかに先に交差点に進入
+10%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車に何らかの過失又は
B車が明らかに先に交差点に進入
+10%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

④信号がない交差点で一方に一時停止がある場合の事故

基本過失割合
A車→30%
B車→70%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の一時停止 +20%
A車の左側通行義務違反 +10〜20%
A車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の左側通行義務違反 +10〜20%
B車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

「左側通行義務違反」について、自転車は、道路の中央から左の部分を通行する義務があります(道路交通法17条4項)。そのため、この義務に違反した場合は不利に過失割合が修正されます。

「通行禁止の歩道通行」について、自転車は、歩道又は路側帯と車道の区別がある道路では、原則として車道を通行しなければなりません(道路交通法17条1項本文)。したがって、この義務に違反した場合は不利に過失割合が修正されます。

 

⑤信号がない交差点で一方に一時停止がある場合の事故(丁字路での事故)

基本過失割合
A車→25%
B車→75%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の一時停止 +20%
A車の左側通行義務違反 +10〜20%
A車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の左側通行義務違反 +10〜20%
B車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

⑥信号がない交差点で同幅員の交差点での事故

基本過失割合
A車→45%
B車→55%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の左側通行義務違反 +10〜20%
A車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の左側通行義務違反 +10〜20%
B車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

⑦信号がない交差点で同幅員の交差点での事故(丁字路の場合)

基本過失割合
A車→40%
B車→60%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の左側通行義務違反 +10〜20%
A車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の左側通行義務違反 +10〜20%
B車の通行禁止の歩道通行 +10〜20%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

⑧対向方向に進行する自転車同士の事故(生活道路上での事故)

生活道路とは、ここでは、歩車道の区別がされていない道路で幅が4〜6メートル程度の道路を前提としています。

基本過失割合
A車→50%
B車→50%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の左側通行義務違反 +10〜20%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の左側通行義務違反 +10〜20%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

 

⑨対向方向に進行する自転車同士の事故(歩道上での事故)

基本過失割合
A車→50%
B車→50%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の高速度進入 +10%
A車の著しい高速度進入 +20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

 

⑩同じ方向に走行する自転車が追い越す際の事故

基本過失割合
A車→0%
B車→100%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車がふらついて走行している場合 +10〜20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
追抜危険場所での追い抜き +10%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

「追抜危険場所」とは、狭い道路や、車両の往来が激しいため、追い抜く十分なスペースがないような場所を指します。

 

⑪同じ方向に並走して走行している場合の事故

基本過失割合
A車→0%
B車→100%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車がふらついて走行している場合 +10〜20%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
追抜危険場所での追い抜き +10%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

 

⑫同じ方向に走行している自転車が進路変更した際の事故

このケースでは、後続車両(B車)の方が速い速度で走行していることが前提となっています。

基本過失割合
A車→60%
B車→40%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
先行車(A車)合図あり +10%
B車の側方間隔不十分 +10〜20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

「側方間隔不十分」とは、後続車が先行車の横を安全に通過できるスペースを保持していない場合のことを指します。

 

⑬交差点を右左折する際の事故

基本過失割合
A車→65%
B車→35%
過失割合の修正要素 A車 B車
A車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
A車の夜間無灯火 +5〜10%
A車の著しい過失・重過失 +10〜30%
B車の運転者が、児童等・高齢者 -10%
生活道路での事故 +10%
先行車(A車)合図あり +10%
B車の側方間隔不十分 +10〜20%
B車の夜間無灯火 +5〜10%
B車の高速度進入 +10%
B車の著しい高速度進入 +20%
B車の著しい過失・重過失 +10〜30%

 

 

自転車同士の事故の解決までの流れ

相手方が保険に加入している場合

相手方が自転車保険等に加入している場合は、概ね以下のような流れになります。

  1. ① 症状固定まで治療する。
  2. ② 相手方の保険会社から示談案が届く。
  3. ③ 示談案に納得がいかない場合は、相手方の保険会社と交渉をする。
  4. ④ ある一定の金額で双方合意できたら、相手方の保険会社から示談書が届き、署名・押印して提出する。
  5. ⑤ 示談書を提出後、約2〜3週間で示談金が振り込まれる。

 

相手方が保険に未加入の場合

相手方が自転車保険等に未加入の場合は、概ね以下のような流れになります。

  1. ① 症状固定まで治療する。
  2. ② 被害者が損害を計算し、相手方に文書等で損害を請求する。
  3. ③ 相手方が、被害者の請求に応じない場合は適宜交渉をする。
  4. ④ ある一定の金額で双方合意できたら、示談書を作成し(どちらが作成してもよいが、被害者側で作成した方が安全)、双方で署名・押印をする。
  5. ⑤ 示談書の内容に沿って、相手方から示談金が振り込まれる。

なお、相手方が保険に加入しているかどうかに関わらず、双方が合意できない場合は、訴訟等を提起して解決するという手段もあります。

 

 

自転車同士の事故における賠償金

自転車事故で請求できる可能性のある主な損害は、以下のとおりです。

ケガに関する賠償金

  • 治療費・・・診察代や薬代など
  • 通院交通費・・・病院へ通院するために要した車のガソリン代、公共交通機関の利用料金
  • 休業損害・・・ケガにより仕事を休業した場合の収入減少分の損害
  • 傷害慰謝料・・・事故によって入院や通院を余儀なくされたという精神的苦痛に対する賠償

 

後遺障害の賠償金

  • 後遺障害逸失利益・・・後遺障害が残存したために、将来の労働能力が低下したことによる減収の損害
  • 後遺障害慰謝料・・・後遺障害が残存したことによる精神的苦痛に対する賠償

 

死亡に関する賠償金

  • 死亡逸失利益・・・被害者が死亡しなければ得られたであろう利益
  • 死亡慰謝料・・・死亡したことによる被害者本人とその遺族の精神的苦痛に対する賠償

 

 

自転車同士の事故の注意点

自賠責保険が利用できない

自転車には、自動車の強制保険である自賠責保険がないため、相手方が自転車保険等の任意保険に加入していない限りは、必ず補償してもらえるという拠り所がありません。

また、自転車事故は、自賠責保険がないため、自動車事故のような後遺障害を認定してくれる公的機関は基本的に存在しません。

相手方が後遺障害部分の請求を否定しているような場合は、裁判を提起して裁判所に認めてもらったり、労災事故の場合は労災で後遺障害を認定してもらい、それに基づいて後遺障害部分の請求をするなどの方法が考えられます。

 

分割払いになる場合は注意

賠償金を分割払いで合意するときは、必ず示談書を作成しましょう。

口頭でも分割払いの合意は成立しますが、後々に「言った、言わない。」の争いにならないためにも、示談書は必要です。

場合によっては、公正証書の作成も検討すべきです。

また、示談内容にも注意しましょう。

例えば、相手方が分割払いの遅滞した場合に、ペナルティーの条項(期限の利益喪失条項や遅延損害金の条項)が盛り込まれているかどうかなどです。

以下、示談書の例です。

示談書

 ●●●●(以下、「甲」という。)と▲▲▲▲(以下、「乙」という。)は、下記記載の交通事故(以下、「本件事故」という。)の損害に関して、以下の通り合意した。

(交通事故の表示)
発生日時 令和●年●月●日午後●時●●分頃
発生場所 福岡県●●●●●●●●●●●先路上
当事者  ●●●●(甲)
▲▲▲▲(乙)
事故発生の状況 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

第1条  乙は、甲に対して、本件事故の損害賠償金として、金●●●●万円の支払義務があることを認める。

第2条  乙は、甲に対して、前条の金員について、令和●年●月から同年●月まで毎月末日限り金●●●●円を下記口座に振り込む方法により支払う。ただし、振込手数料は乙の負担とする。

銀行名:●●銀行
支店名:●●支店
口座の種別:普通
口座番号:●●●●●●●
口座名義:●●●●

第3条  乙が前条の分割金の支払いを1回でも怠った場合には、当然に期限の利益を喪失し、乙は第1条の金員から既払金を控除した残額に年●%の遅延損害金を付して直ちに支払わなければならない。

第4条  甲及び乙は、本示談書に定めるものの他、何らの債権債務のないことを相互に確認する。

以上の通り合意が成立したので、本示談書2通を作成し、各自押印の上、互いに各1通を所持することとする。

令和●年●月●日

(甲)住所 ●●●●●●●●●●●●●
氏名 ●●●●  印

(乙)住所 ●●●●●●●●●●●●●
氏名 ▲▲▲▲ 印

 

 

自転車同士の事故の解決事例

弊所の自転車同士の事故の解決事例は以下のとおりですので、ご参考までに。

 

 

まとめ

自転車事故でも重大事故が引き起こることがあります。

賠償に向けた適切な活動を行わなければ、被害者にとって不十分な賠償金しか払われないことになります。

自転車事故の分野は専門的知識を必要としますので、お困りの方は弁護士にご相談ください。

 

 

過失割合


 
賠償金の計算方法



なぜ交通事故は弁護士選びが重要なのか

続きを読む