被害者の職業が『会社役員』の解決事例


全5件中 1〜5件目を表示
  • 1
  • 2018年6月13日
  

弁護士に依頼することで約750万円の増額ができた会社役員の事例

ご依頼後取得した金額
1025万円
受傷部位首(頚髄不全損傷)
等級12級13号


50代会社役員

詳細を見る
  • 2
  • 2018年2月21日
  

自転車事故で交渉により後遺障害等級14級相当の賠償を得た事例

ご依頼後取得した金額
約331万円
受傷部位首、胸など(頸椎捻挫、胸椎捻挫など)
等級14級相当


40代会社役

詳細を見る
  • 3
  • 2017年7月4日
  

異議申立てによりむちうちで12級13号の後遺障害が認定された事例

ご依頼後取得した金額
880万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰部捻挫)
等級併合11級(12級13号(頚部痛)、12級13号(腰部痛)


50代会社役員

詳細を見る
  • 4
  • 2017年1月17日
  

むちうちで併合14級が認定、弁護士に依頼後1か月で解決した事例

ご依頼後取得した金額
310万円
受傷部位頸椎捻挫,腰椎捻挫
等級併合14級(頸部痛(14級9号)、腰痛(14級9号))


40代会社役員

詳細を見る
  • 5
  • 2016年9月9日
  

賃金センサスにより、逸失利益の補償を獲得した会社役員の事例

ご依頼後取得した金額
315万円
受傷部位頸部(外傷性頸部症候群 むちうち)
等級14級9号


50代会社役員

詳細を見る

その他の「被害者の職業別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士選びが重要なのか

続きを読む