交通事故で半月板損傷、慰謝料・後遺障害等級は?

執筆者:弁護士 木曽賢也 (弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士)

慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があり、自賠責保険基準や裁判基準で金額が異なってきます。

後遺障害等級は、機能障害(可動域制限)の場合(8級7号、10級11号、12級7号)、神経障害の場合(12級13号、14級9号)に該当する可能性があります。

以下で詳しく解説いたします。

 

この記事でわかること

  • 半月板損傷について
  • 半月板損傷の後遺障害等級
  • 半月板損傷の慰謝料

 

半月板損傷とは?

半月板損傷とは、膝を曲げた状態で膝関節に強く回旋する力が加わり(膝関節をひねった様な状態)、半月板の一部が脛骨と大腿骨の間に挟まることで発生する怪我です。

半月板は、関節の動きを滑らかにし、クッションのような役割を果たしている部位です。

半月板損傷は、バイク事故で骨折などとあわせて生じることが多くみられます。

症状としては、階段の昇り降りやしゃがみこみ動作などの運動時に生じる疼痛と、膝に引っかかったような痛みが生じます。

ひどい場合には、ロッキングといって膝が動かない状態になることもあります。

半月板損傷の治療にあたっては、以下の方法があります。

  1. ① 関節内に直接ステロイドを注入する薬物療法や痛み止めや消炎鎮痛剤などの内服
  2. ② リハビリなどの保存的治療を行う
  3. ③ 手術をする

特に、半月板の損傷がひどく、断裂しているような場合には、当該部分を手術により切除することがあります。

ただし、切除することで、変形性膝関節症を将来的に発症する可能性も出てくるため、手術を行うかどうかは、主治医の医師としっかりと話して決める必要があります。

 

 

半月板損傷の後遺障害等級

機能障害(可動域制限)

半月板損傷により、膝関節の可動域に制限がかかった場合、以下の等級が認定される可能性があります。

8級7号

「1下肢の3大関節の中の1関節の用を廃したもの」

具体的には、健側(怪我をしていない方の膝)と比べ、患側(怪我をした方の膝)の可動域が10%以下に制限されているものです。
例えば、健側の屈曲が正常値(130度)の場合、患側が15度以下であれば、8級7号に該当し得ることになります。

 

10級11号

「1下肢の3大関節の中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」

具体的には、健側と比べ、患側の可動域が1/2以下に制限されているものです。
例えば、健側の屈曲が正常値(130度)の場合、患側が65度以下であれば、10級11号に該当し得ることになります。

 

12級7号

「1下肢の3大関節の中の1関節の機能に障害を残すもの」

具体的には、健側と比べ、患側の可動域が3/4以下に制限されているものです。
例えば、健側の屈曲が正常値(130度)の場合、患側が97.5度以下であれば、12級7号に該当し得ることになります。

 

神経障害

半月板損傷により、膝の痛みが完全に取れず、痛みが残存する場合には、以下の等級が認定される可能性があります。

12級13号

「局部に頑固な神経症状を残すもの」

具体的には、他覚的所見(MRI等の画像所見)があり、痛みの存在が医学的に証明できるものです。

 

14級9号

「局部に神経症状を残すもの」

具体的には、他覚的所見はなくても、痛みの存在が治療経過等から医学的に説明できるものです。

 

 

後遺障害申請にあたってのポイントは?

①病院で適切な検査を受けること

半月板は骨ではなく軟部組織のため、レントゲン(XP)検査では異常を判別するのが難しいものです。

そのため半月板損傷の検査では、MRIでの検査が有用です。

MRIにより、半月板の断裂形態だけでなく、変性所見も確認できます。

また、半月板損傷の診断にあたっては、MRI検査といった画像診断の他に、マクマレー・テストやグリンディング・テストといった検査をする場合もあります。

マクマレー・テスト
仰向けで膝を最大限曲げ、膝から足首にかけての部分に回旋ストレスを加えながら膝を伸ばしていきます。
半月板に異常があれば、激痛や膝から異常音が発生します。
グリンディング・テスト
うつぶせの状態で膝を90度に曲げ、踵を下に押しつけながら回します。
半月板に異常があれば、強い痛みが生じます。

 

②後遺障害診断書に可動域の結果記載漏れがないか確認すること

機能障害(可動域制限)の事案では、当然、後遺障害診断書に可動域の結果が記載されていなければなりません。

弁護士が後遺障害診断書をチェックしていると、患側の可動域は記載されているが健側の可動域の記載がないことがあります。

上記のとおり、機能障害の場合は、あくまで患側と健側の可動域の比較なので、そのままでは認定されません。

可動域の記載漏れがある場合は、医師に後遺障害診断書を書き直してもらう必要があります。

 

 

半月板損傷の慰謝料

入通院慰謝料

入通院慰謝料には3つの基準があります。

自賠責保険基準、任意保険会社基準、裁判基準(弁護士基準や赤い本基準とも呼ばれています)です。

任意保険会社基準は、それぞれの保険会社ごとに定められている基準で、公表はされていないので、事前に把握することは困難です。

 

自賠責保険基準

自賠責保険基準は、交通事故の賠償における最低限の基準です。

自賠責保険基準の計算式は、4300円(2020年3月31日以前の事故の場合は4200円)×【治療期間】or【(入院日数+実通院日数)× 2 】のいずれか少ない方となります。

具体例 治療期間190日、入院日数20日、退院後の実通院日数60日の場合

例えば、治療期間(治療を開始してから終わった日までの日数)が190日、入院日数が20日、退院後の実通院日数が60日の例を想定します。

治療期間 = 190日
(入院日数 + 実通院日数)× 2 =(20日 + 60日)× 2 = 160日

少ない方は160日なので、こちらを乗じることになります。

よって、4300円 × 160日 = 68万8000円となります。

 

裁判基準

入院通院慰謝料は、骨折・脱臼など重症を負った場合に使う表と軽症(むちうち、打撲など)の場合に使用する表の2種類の基準があります。

重症(骨折・脱臼など)の場合
入院 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 13月 14月 15月
通院 53 101 145 184 217 244 266 284 297 306 314 321 328 334 340
1月 28 77 122 162 199 228 252 274 291 303 311 318 325 332 336 342
2月 52 98 139 177 210 236 260 281 297 308 315 322 329 334 338 344
3月 73 115 154 188 218 244 267 287 302 312 319 326 331 336 340 346
4月 90 130 165 196 226 251 273 292 306 316 323 328 333 338 342 348
5月 105 141 173 204 233 257 278 296 310 320 325 330 335 340 344 350
6月 116 149 181 211 239 262 282 300 314 322 327 332 337 342 346
7月 124 157 188 217 244 266 286 304 316 324 329 334 339 344
8月 132 164 194 222 248 270 290 306 318 326 331 336 341
9月 139 170 199 226 252 274 292 308 320 328 333 338
10月 145 175 203 230 256 276 294 310 322 330 335
11月 150 179 207 234 258 278 296 312 324 332
12月 154 183 211 236 260 280 298 314 326
13月 158 187 213 238 262 282 300 316
14月 162 189 215 240 264 284 302
15月 164 191 217 242 266 286

引用元:赤い本 別表Ⅰ 入通院慰謝料基準|日弁連交通事故相談センター

 

軽症(むちうち、打撲など)
入院 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 13月 14月 15月
通院 35 66 92 116 135 152 165 176 186 195 204 211 218 223 228
1月 19 52 83 106 128 145 160 171 182 190 199 206 212 219 224 229
2月 36 69 97 118 138 153 166 177 186 194 201 207 213 220 225 230
3月 53 83 109 128 146 159 172 181 190 196 202 208 214 221 226 231
4月 67 95 119 136 152 165 176 185 192 197 203 209 215 222 227 232
5月 79 105 127 142 158 169 180 187 193 198 204 210 216 223 228 233
6月 89 113 133 148 162 173 182 188 194 199 205 211 217 224 229
7月 97 119 139 152 166 175 183 189 195 200 206 212 218 225
8月 103 125 143 156 168 176 184 190 196 201 207 213 219
9月 109 129 147 158 169 177 185 191 197 202 208 214
10月 113 133 149 159 170 178 186 192 198 203 209
11月 117 135 150 160 171 179 187 193 199 204
12月 119 136 151 161 172 180 188 194 200
13月 120 137 152 162 173 181 189 195
14月 121 138 153 163 174 182 190
15月 122 139 154 164 175 183

引用元:赤い本 別表Ⅱ 入通院慰謝料基準|日弁連交通事故相談センター

半月板損傷の場合は、基本的に、「重症(骨折・脱臼など)の場合」という方の表を用いて良いと考えます。

具体例 治療期間190日、入院日数20日、退院後の実通院日数60日の場合

まず、入院の慰謝料は、以下となります。

入院日数20日分の慰謝料

53万円(表の入院1ヶ月の部分)÷ 30日 × 20日 = 35万3333円

次に、通院分の慰謝料ですが、少し複雑です。

治療期間分の通院慰謝料

116万円 +(124万円 − 116万円)÷ 30日 × 10日 = 118万6666円

入院日数分(20日分)の通院慰謝料

28万円(表の通院1ヶ月の部分)÷ 30日 × 20日 = 18万6666円

治療期間分の通院慰謝料を算出した上で、入院日数分の通院慰謝料を差し引くという方法で行います。

治療期間分の通院慰謝料 − 入院日数分の通院慰謝料

118万6666円 − 18万6666円 = 100万円

そうすると、通院分の慰謝料は100万円ということになります。

最後に、最初に算出した入院日数分(20日)の慰謝料と、通院分の慰謝料を足します。

35万3333円 + 100万円 = 135万3333円

以上から、今回のケースの裁判基準の額は、135万3333円となります。

今回のケースの自賠責保険基準(68万8000円)と裁判基準(135万3333円)を比較すると、その差は約2倍にもなります。

基本的に裁判基準が最も高額な基準となります。

 

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、基本的に後遺障害等級が認定された場合に発生する慰謝料のことです。

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準の比較は、以下のとおりです。

自賠責基準 裁判基準
8級 331万円 830万円
10級 190万円 550万円
12級 94万円 290万円
14級 32万円 110万円

 

 

解決事例

当事務所で扱った半月板損傷の事例は、以下のとおりです。

半月板損傷で12級に認定され裁判基準以上の賠償で解決した事例

受傷部位 左膝内側半月板断裂、左上腕骨骨頭骨折、頸部捻挫、腰部捻挫など

等級 12級13号

損害項目 裁判基準 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約174万円 約1220万円
後遺障害逸失利益 259万円(喪失率14%、喪失期間10年)
後遺障害慰謝料 290万円
休業損害 304万円(事故日から症状固定時の全期間)
結果 約1027万円 合計 約1220万円

弁護士は、後遺障害診断書作成にあたって、診断書や診療報酬明細を取り寄せた上で、医師が作成した後遺障害診断書をチェックし、一部修正を依頼するなどして資料を揃え、後遺障害の申請を行いました。

結果は、左膝痛の症状について12級13号、右膝痛・頸部痛・腰部痛の3点については14級9号が認められ、併合12級の認定を受けることができました。

 

交通事故直後に弁護士に依頼し、12級7号の後遺症が認定された事例

受傷部位 膝(左膝外側半月板損傷、左膝内側側副靭帯断裂)

等級 12級7号(左膝の機能障害)

損害項目 弁護士によるサポート結果
入院雑費 11万1000円(裁判基準)
休業損害 約130万円
傷害慰謝料 165万円
後遺障害慰謝料 290万円(12級、裁判基準)
後遺障害逸失利益 490万円(賃金センサス × 14% × 13年(平均余命の2分の1、裁判基準)
過失相殺 20%→10%
結果 924万円(自賠責保険含む)

内側側副靭帯を断裂したことによる膝関節の不安定性があるとされ、後遺障害診断書に明確にその旨を記載してもらいました。

そして、事故後の画像なども病院から取得して、弁護士が相手方の自賠責保険へ後遺障害の申請を行いました(被害者請求)。

その結果、膝関節の不安定性について、固定具が常時必要ではないものの、靭帯の断裂という器質的な変化が原因で生じたものと評価され、膝関節の機能障害として12級7号の後遺障害が認定されました。

 

 

まとめ

・半月板損傷の後遺障害等級は、機能障害、神経障害で等級が異なること

・半月板損傷の場合には、入通院慰謝料(等級が認定されたら後遺障害慰謝料も)が請求でき、裁判基準が最も高額な基準となること

後遺障害の申請はとても専門的です。また、慰謝料に関しても、弁護士が介入しないと裁判基準で交渉することは難しいです。

半月板損傷を受傷してしまった交通事故の被害者の方は、弁護士にご相談ください。

 

 

後遺障害


 
賠償金の計算方法



なぜ交通事故は弁護士選びが重要なのか

続きを読む