後遺障害14級の認定率はどのぐらい?等級認定されるために必要なこと

執筆者:弁護士 鈴木啓太 (弁護士法人デイライト法律事務所 パートナー弁護士)

後遺障害14級とは

後遺障害14級は、等級の中で最も軽い等級になりますが、簡単に認定されるわけではありません。

後遺障害14級は、全部で1号〜9号までの9つの等級があります。

特に認定されることが多いのは14級9号「局部に神経症状を残すもの」です。

むちうちの場合に後遺障害に認定されるのは、ほとんどが14級9号です。

14級に関して詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

後遺障害14級に認定された場合に請求できる慰謝料と逸失利益

14級の慰謝料

後遺障害14級の慰謝料は、裁判基準で110万円です。

自賠責保険基準では、32万円です。

これとは、別途に、入院通院したことに対する慰謝料として傷害慰謝料を請求することができます。

 

14級の逸失利益

逸失利益とは、後遺障害が残ったことで働きづらくなり、将来減収してしまうことに対する補償です。

逸失利益は以下の計算式で計算します。

計算式

基礎収入 ✕ 労働能力喪失率 ✕ 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

基礎収入は、原則、事故前年の年収額となります。

また、労働能力喪失率は5%とされています。

労働能力喪失期間について、最もよく認定される14級9号については裁判基準(裁判になった場合の基準)で5年とされています。

もっとも、14級4号、5号は、醜状障害(傷跡等の障害)であるため、逸失利益が認められないことがあります

傷跡は残っているけど、働くのには支障がないと考えられるからです。

 

 

後遺障害14級の認定率はどのぐらい?

後遺障害14級の認定率と全体の認定率

損害保険料率算出機構が発表している2020年度版「自動車保険の概況」によると、2019年度に自賠責保険が賠償金を支払った件数は、106万9866件とされています。

その中で、何らかの後遺障害等級に認定された件数は5万2541件です。

14級のみの認定件数は3万0675件と発表されています。

引用元:自動車保険の概状2020年度版(P22,P38)|損害保険料率算出機構

したがって、後遺障害の全体の認定率は約4.9%となり、14級の認定率は約2.8%ということになります。

もっとも、上記の支払件数(106万9866件)は、後遺障害の申請をせずに傷害部分(慰謝料、治療費、通院交通費、休業損害など)のみで申請された案件と死亡案件も含まれているため、純粋に後遺障害申請をした場合の認定率ではありません。

自賠責保険が賠償金を支払った件数に対する後遺障害認定された件数の割合となっていますので、あくまで目安としてご参考にされて下さい。

 

後遺障害14級の占める割合

上記のとおり、2019年度は、合計5万2541件の後遺障害が認定され、その内、3万0675件が14級の認定となっています。

14級に認定された中で、各号の認定の内訳は明らかではありませんが、実務的な感覚では圧倒的に14級9号が多いと考えられます。

 

 

後遺障害14級に認定してもらうためのポイント

14級9号

14級9号は、諸事情を踏まえて神経症状が残っていると医学的に説明できる場合に認定されます

具体的な考慮事情としては、事故規模、事故態様、通院期間、通院頻度、治療の経過・内容、症状の一貫性・連続性、神経学的検査の結果、画像上の所見の有無などを考慮して判断されます。

画像上、異常が見られないむちうちの場合、通院期間については、6ヶ月程度を経過していないと認定されることは難しいでしょう。

14級9号の認定に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

 

14級4号、5号

後遺障害14級4号、5号は、醜状障害の等級です。

醜状障害については、後遺障害診断書への記載が漏れていることが多いように思います。後遺障害診断書への記載がなければ、そもそも審査されません。

したがって、体に傷痕等が残ってしまっている場合には、後遺障害診断書への記載漏れがないように医師にしっかりと伝えましょう

 

 

まとめ

参考数値ということにはなりますが、後遺障害の認定率は全体で約4.9%、14級のみで約2.8%となっており、認定のハードルは高いことが分かります。

14級9号の認定は、様々な事情を考慮して審査されるため、的確に有効な証拠を提出することが大切です。

後遺障害認定について、ご不安がある場合には弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

後遺障害


 
賠償金の計算方法



なぜ交通事故は弁護士選びが重要なのか

続きを読む