専門分野に特化する

デイライトは、最強のプロフェッショナル集団であるために「専門特化」を第1の行動指針としています。

当事務所の行動指針についてはこちらからご確認ください。

なぜならば、弁護士は、注力分野を限定することで、当該分野において、高度な知識と経験を得ることができるからです。

そして、専門知識とノウハウを駆使することで、クライアントに最高のリーガルサービスを提供することが可能となります。

特定の分野に注力することは、プロフェッショナルな職業ほど必要です。

医師を例にご説明します。

皆様は、風邪を引いたときは内科の病院へ行き、怪我をされたときは外科の病院へ行かれると思います。

それは、医師という高度な専門が必要とされる職業では、すべての病気に対して適切に対処するということが不可能だからです。

弁護士は、医師と同様に高度な専門知識が必要な職業です。「弁護士は社会生活上の医師」と呼ばれるのはその高度な専門性を物語っています。

多種多様な法律事務について、何でも扱うというスタンスでは、力が分散されてしまい、高度な専門知識やノウハウを身につけることはできません。

現に、欧米では、「何でもできる」という弁護士は「何もできない」のと同じであると考えられており、専門化が進んでいます。

デイライトは、クライアントに最高のリーガルサービスを提供すべく、弁護士の注力分野を絞り、専門性の確立に取り組んでいます。

 

 

 

専門チームによるサポートの構築

デイライトには弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士、マーケッターなどの様々なプロフェッショナルが所属していますが、それぞれがトラブルの内容に応じた専門チームを編制しています。

例えば、企業の労働問題に対応するために、企業の労働問題に注力した弁護士複数名、社会保険労務士、メンタルケア心理士などで構成される労働事件チームを編制しています。

企業の労働問題と一口に言っても、解雇、未払い残業代、メンタルヘルス、問題社員対応など様々なトラブルがあります。

専門チームを編制することで、これらのトラブルにワンストップで、かつ、効果的にサポートできます。

また、各専門チームは、専門分野についての研修会や業務についての研究を自主的に行っており、専門知識やノウハウの取得に努めています。

これにより、個人では対応が困難な問題に対して、組織としてサポートが可能です。

 

 

 

他の弁護士からも相談される実績と信頼

専門分野に圧倒的な強みを有するデイライトは、他の弁護士からの相談を受けることも多くあります。

また、全国の法律事務所に対して、専門分野についてのノウハウ等の講演も行っており、同じ弁護士からも高い信頼を得ています。

デイライトの弁護士向けの講演についてはこちらをごらんください。

最近では、当事務所の専門分野に対する先進的な取り組みが評価され、他県からも当事務所に研修や視察に訪れる弁護士もいます。

デイライトへの視察についてはこちらを御覧ください。

 

 

 

メディアからの高い評価

デイライトの弁護士は、専門分野について、多くのテレビ等の取材を受けております。

テレビ番組の中では、専門分野についてトップクラスの実績を誇る事務所として紹介されるなど、メディアからも高い評価を得ています。

当事務所のメディア実績についてはこちらからどうぞ。

 

 

 

専門分野での輝かしい表彰実績

当事務所は、専門分野に対する先進的な取り組みを行っております。

この功績に対し、専門機関である株式会社船井総合研究所から、他の法律事務所の手本となる革新的な取り組みを実施している法律事務所に授与される、「The Leading Firm」という賞を授与されております。

 

 

 

その他の当事務所が選ばれる理由についてはこちらからどうぞ