顧客満足度

デイライトは、開設以来、毎年、顧客満足度について調査し、その結果をホームページ上で公開するようにしています。

この顧客満足度については、業界トップレベルのものと自負しております。

最新の調査結果はこちらから御覧ください。

また、実際のアンケートについてもホームページ上で公開しています。

アンケートについてはこちらから御覧ください。

 

 

 

顧客満足度を重視する理由

デイライトは、「最高の結果」=「顧客満足度の高さ」ではないと考えています。

賠償問題を例に解説します。なお、賠償問題は、交通事故、暴力事案などが典型です。

ある事件で、被害者が加害者に対して損害賠償請求を行うとき、賠償金を可能な限り、高額化することはとても重要です。

この賠償金を高額化させるために、弁護士に必要な要素は、当該事案における専門知識やノウハウということになるでしょう。

また、このような専門知識やノウハウについては、弁護士が専門特化することで身につけることが可能となります。

そのため、デイライトは、第1の行動指針として、「専門特化」を掲げています。

行動指針についてはこちらを御覧ください。

しかし、賠償額の高額化という最高の結果をもたらすことができたとしても、最終的にクライアントは満足してくれないこと場合があります。

例えば、弁護士がクライアントに対して、不親切な対応をとっていた場合です。

また、最終的に「最高の結果」をもたらすことができたとしても、解決までに長年月を要してしまった場合、満足度が低い場合があります。

いくら結果が良くても、最終的にクライアントから満足してもらえなければ、我々にとってはまったくの無意味です。

デイライトの全アソシエイトは、事件終了時にクライアントから「ありがとうございました。」の一言を聞きたくて、尽力しているからです。

このような理由から、我々は顧客満足度の高さを何よりも重視しています。

 

 

 

顧客満足度を高めるための行動指針

デイライトは、現状の顧客満足度に甘んじることなく、常に100パーセントとなるように精進しています。

顧客満足度を高めるために、以下の行動指針を取っています。

専門特化

専門分野における深い知識と技術を身につけるために日々研鑽し、クライアントに最高のリーガルサービスを提供する

ソリューションデザイナー

クライアントの顕在化されたニーズだけではなく潜在的なニーズを捉え、法律知識だけではなく様々な知見を組み合わせて、真の問題解決に導く。

満足のさらに上へ

全アソシエイトは誠意と情熱をもって協力し、尊重し、お互いを高め合い、クライアントに「心の琴線にふれるサービス」を提供する。

創造と進化

既存の法律事務所の概念にとらわれず、クライアントの声に耳を傾け、常に新たな価値を創造する。
それ以上に我々は、自分自身に耳を傾け、惰性を拒否する勇気を持ち、進化し続ける。


デイライトの全アソシエイトは、この行動指針を遵守してクライアントをサポートしています。

私達の高い顧客満足度は、このようなクライアント・ファーストのスタンスがあってこそ実現できるものです。

行動指針についてはこちらを御覧ください。

 

 

 

その他の当事務所が選ばれる理由についてはこちらからどうぞ