急速化するグローバル化の中で、海外に進出する日本企業が増加しています。

また、個人についても、国際結婚やセカンドライフのために、海外に移住する人々が増加しています。

このように、企業、個人が国境を超えて活発に活動する現代においては法律事務所もグローバル化することが求められています。

デイライトは、グローバルな視点を持ち、福岡を拠点としながら、諸外国においてリーガルサービスを提供しています。

 

 

福岡に本店機能があること

福岡は、地方の大都市として、人々だけでなく多くの企業が所在しており、今後もさらに増加していくことが想定されます。

また、福岡は、福岡国際空港や国際的な船便の利便性が高く、世界とつながるビジネスのインフラが整備されています。

海外からの留学生も多く、海外ビジネスのための優秀な人財も多いという特徴があります。

このようなグローバル化に伴い、福岡では企業や個人に対して国際的なリーガルサービスを提供できる弁護士のニーズが高まっています。

しかしながら、福岡には、グローバル化している法律事務所が現状として少ないという問題があります。

すなわち、国際的な法律事務所は東京一極に集中しており、福岡に本店を有する国際的な法律事務所はとても少ない状況です。

デイライトは、本店が福岡にあります。

所属している弁護士、税理士、社会保険労務士等のプロフェッショナルたちは、福岡という地域に魅力を感じており、福岡という地域の発展に貢献したいという想いがあるからです。

本店機能があるメリットは、所属するプロフェッショナルの数が多いことから、様々な案件に幅広く対応できるという点があげられます。

例えば、企業の海外進出・撤退などの国際的な企業法務はもちろん、労働問題、渉外離婚、渉外相続などの個人の問題まで対応が可能です。

「頼りになる専門家にいつでも会いに行ける」

これはクライアントにとって、大きなメリットになるといえます。

 

 

 

国際スタッフ

デイライトには、英語、中国語を話せるスタッフが在籍しており、外国語が必要となる渉外案件について対応可能です。

また、アジア法に精通した中国人の大学教授が顧問となっており、企業のアジア戦略を強力にサポートしています。

 

 

 

世界とつながるネットワーク

デイライトは、アメリカ、ハワイ、オーストラリア、中国、韓国、シンガポール、インドネシアなどの法律事務所や会計事務所と戦略的提携関係を構築しており、世界各地の紛争案件に対応できる体制をとっています。

また、上海の法律事務所やコンサルティングファームとも提携しており、デイライトの福岡オフィスにおいて、テレビ会議によって上海の専門家とミーティングを行うことが可能です。

 

 

 

その他の当事務所が選ばれる理由についてはこちらからどうぞ