keiji

デイライト法律事務所の刑事事件部は、違法捜査への対応、犯罪被害者との示談交渉による被害届の取り下げ、不当な逮捕・勾留からの身柄解放、不起訴の獲得、保釈請求、減刑、執行猶予付き判決の獲得、無実の弁護等をサポートする専門チームです。

 

チームミッション

「誰もが納得する結果へ」

 

 

 

高い専門性による圧倒的な実績

デイライト法律事務所の刑事弁護士が他と大きく異なるのは、刑事分野に特化しているということです。

弁護士は、専門分野を持つことで、圧倒的な知識とノウハウを身につけることができます。

刑事弁護を専門とすれば、無罪を勝ち取ったり、刑を減刑できる可能性が高くなります。

そのため、当事務所の刑事専門弁護士は、刑事弁護に専門特化し、ナンバー1の刑事専門弁護士になるという気概を持って取り組んでいます。

現に、当事務所の刑事弁護士が受ける刑事事件の年間相談件数は300件を超えており(2020年実績)、全国トップクラスの実績を誇ります。

刑事事件部の高度な専門性は、この圧倒的な実績に裏打ちされています。

 

 

迅速な対応によって事件を解決する

刑事事件は、裁判で99%以上が有罪となります。

捜査機関は、通常、逮捕してから48時間以内に送検するか、釈放するかを決めます。

したがって、逮捕後は迅速な刑事弁護活動が必要です。

一度手続が進んでしまうと、裁判となり、取り返しがつかなくなってしまいます。

そのため、刑事事件において、もっとも重要なことは「一刻も早く刑事専門の弁護士に相談すること」です。

当事務所の刑事事件部は、緊急相談に対応可能な体制を構築しており、早ければその日の内に、ご相談が可能です。

このような迅速な対応によって、少しでも有利に、事件を解決することを目指しています。

 

 

誰よりもクライアントに寄り添う

刑事弁護において、身柄拘束から解放したり、不起訴・執行猶予や無罪を獲得したりすることは、とても重要です。

しかし、これだけでは、真の問題解決とはいえません。

刑事事件のクライアントは、警察から呼び出しを受けたり、家族が逮捕されたりすれば、不安でたまらず、まともに生活できなくなります。

デイライト法律事務所の刑事事件部は、このような不安を解消するために、誰よりもクライアントに寄り添います。

そして、どうしてその事件が起こってしまったのか、共に考え、共に悩み、懇意にしているメンタルクリニックを紹介するなどしています。

そして、犯罪を犯してしまったクライアントに対しては、更生を視野に、親身になってサポートします。

■刑事事件特化サイト

 

企業法務部国際部家事事件部相続対策部人身障害部刑事事件部破産再生チーム