交通事故で過失割合9対0とは?メリット・デメリットを弁護士が解説

執筆者:弁護士 鈴木啓太 (弁護士法人デイライト法律事務所 パートナー弁護士)

弁護士の回答

過失割合9対0とは、加害者が被害者の損害の9割を賠償して、被害者は加害者の損害を賠償しないという解決方法です。

 

過失割合9対0とは?

通常の場合、過失割合は、9対1、8対2、7対3というように、被害者と加害者の過失割合の合計は10割になります。

しかし、当事者の話し合いによって過失割合を9対0として合意することも可能です。

こうした賠償方法のことを「片側賠償」と呼びます。

片側賠償は、過失割合について折り合いがつかない場合に、当事者のいずれかが提案して合意に至ります。

過失割合が9対1の事故の場合、被害者側にも1割の過失があるため、被害者は加害者の損害の1割分を賠償しなければなりません。

9対1の事故では、過失の大部分は加害者にあるため、被害者としては、たとえ1割でも加害者の損害を負担することに納得がいかない場合もあるでしょう。

他方で、加害者側としては、交渉が折り合わず、訴訟となって解決が長期化することを嫌う場合もあるでしょう。

こうした被害者と加害者の思惑が一致して、最終的には9対0という解決になることがあるのです。

なお、過失割合9対0は、あくまで当事者の合意で設定されるものであり、被害者側の過失割合が0になったということはありません。

被害者にも過失はあるけれども、加害者がその部分の賠償請求を放棄するという形になります。

 

 

過失割合9対0のメリット・デメリット

過失割合9対0のメリット

加害者側の損害を賠償しなくて済む

過失割合9対1の場合には、被害者は加害者の損害の1割を負担しなければなりませんが、9対0の場合には、加害者の損害を負担する必要がなく、経済的負担を軽減できます。

 

早期解決ができる

過失割合について、交渉で折り合いがつかない場合には、訴訟提起して裁判所に過失割合を決めてもらうことになります。

裁判となった場合には最終的に解決するまで1〜2年を要することが多く、長期間にわたり紛争を抱えたまま過ごさなくてはいけません。

10対0とまではいかないまでも、9対0で合意することで解決期間を大幅に短縮することができます。

 

保険の等級が下がらない

過失割合9対0の場合、被害者から加害者に対する賠償金の支払いはありませんので、対物保険を使用する必要はありません。

したがって、保険の等級が下がって保険料が上がってしまうことがないのです。

ただし、自分の車の修理費用について、車両保険を使用した場合には等級が下がります。

 

過失割合9対0のデメリット

賠償額が9割しか賠償されない

過失割合9対0の場合、被害者の損害額の9割しか賠償されないため、1割分は減額されることになります。

 

裁判で10対0を勝ち取る機会を諦めることになる

交渉の段階で9対1だとしても、裁判をして被害者の主張が認められれば、10対0になる可能性もあります。

交渉で9対0で合意する場合には、こうした10対0を勝ち取る可能を諦めることになります。

 

 

賠償額の計算について

過失割合9対0の場合の賠償額の計算

過失割合が9対0の場合の賠償額の計算方法を解説します。

以下の損害額を前提に計算します。

  • 被害者の損害額 100万円
  • 加害者の損害額 60万円

被害者が加害者に支払う額
60万円 ✕ 0割 = 0円
加害者が被害者に支払う額
100万円 ✕ 9割 = 90万円

上記の計算式のとおり、被害者は加害者から90万円を受領することができ、加害者に対して支払う金額は0円なので、手元には90万円が残る計算となります。

 

過失割合9対1の場合の賠償額の計算

では、上記の例で過失割合が9対1の割合の場合はどうでしょうか。

  • 被害者の損害額 100万円
  • 加害者の損害額 60万円

被害者が加害者に支払う額
60万円 ✕ 1割 = 6万円
加害者が被害者に支払う額
100万円 ✕ 9割 = 90万円
被害者が受領できる金額
90万円 – 6万円 = 84万円

上記のとおり、過失割合9対1の場合、被害者は加害者の損害額の1割を負担することになるため、加害者から支払ってもらえる賠償金は84万円となります。

 

 

まとめ

以上、解説したとおり、過失割合9対0とは、加害者が被害者の損害の9割を賠償して、被害者は加害者の損害を賠償しないという解決方法です

過失割合9対0で合意した場合には、裁判で10対0を勝ち取る機会はなくなりますが、早期解決できるなどのメリットがあります。

実際に裁判をしたほうが良いかどうかの判断は、個別の事故態様や証拠の内容により変わってきます。

こうした判断は、被害者自身で検討することは困難ですので、弁護士に相談された方が良いでしょう。

過失割合が10%違うだけでも賠償金が、数十万円、数百万円違ってくることもあります。

過失割合の交渉にあたっては、高度な専門知識が必要になりますので、弁護士に相談を受けながら交渉するか、弁護士に交渉を依頼することをお勧めします。

 

 

過失割合


 
賠償金の計算方法



お問い合わせ Web予約