帰化とは、本人の希望により他国の国籍を取得しその国の国民となることをいいます。外国人が日本の国籍を取得し、日本国民となる場合、日本に帰化するといいます。

帰化の種類

帰化には、①普通帰化②特別(簡易)帰化③大帰化があります。

 

①普通帰化

普通帰化とは、次の要件を満たす外国人に対して許可される帰化をいいます。日本人配偶者がいない外国人の方が日本に帰化する場合がこれに相当します。
イ 引き続き5年以上日本に住所を有すること
ロ 20歳以上で、本国法(帰化前の母国の法令)によって行為能力を有すること
ハ 素行が善良であること
二 自己又は生計を一にする配偶者、その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること
ホ 国籍を有さず、または日本の国籍取得によって元の国籍を失うべきこと
ヘ 日本政府を暴力で破壊したり、それを主張する政治活動等に参加を企てたり、それを行なった経験が無い者であること

 

②特別帰化(簡易帰化)

特別帰化(簡易帰化)とは、婚姻等により一定の要件(日本人とのつながり)を満たす外国人などに対して許可される帰化のことです。この場合、次のような緩和措置があります。

日本人の配偶者である場合、居住要件は5年以上から3年以上に緩和されます。また、婚姻後3年が経過していれば、居住要件は1年以上に緩和されます。

 

③大帰化

大帰化とは、普通帰化や特別帰化の要件を満たさない(あるいは満たすが本人が積極的に帰化を申し出ない)が、日本に特別の功労のある外国人に対して国会の承認を得て行う帰化です。

なお、国籍法第9条に規定がありますが、現行の国籍法施行下(1950年7月1日以降)で認められた例はありません。他の帰化のように本人の意思による自発的な帰化でなく、日本が国家として一方的に許可するものですから、本来の国籍を離脱する義務は課されません。

 

帰化申請書類

帰化許可申請に必要となる主な書類は,次のとおりです。

1 帰化許可申請書(申請者の写真が必要となります。)
2  親族の概要を記載した書類
3  帰化の動機書
4  履歴書
5  生計の概要を記載した書類
6  事業の概要を記載した書類
7  住民票の写し
8  国籍を証明する書類
9  親族関係を証明する書類
10  納税を証明する書類
11  収入を証明する書類
12  在留歴を証する書類

国籍を証する書面及び身分関係を証する書面については,原則として本国官憲が発給したものを提出する必要があります。

なお,申請者の国籍や身分関係,職業などによって必要な書類が異なりますので,申請に当たっては,ご相談ください。

 

 

企業の方への法律相談