出国命令とは、オーバーステイの外国人の方で、自ら出国する意思を持って入国管理局に出頭した者については、収容せず、主任審査官の発する命令により出国するというものです。

1 要件

・オーバーステイの外国人であること(不法入国や不法上陸は除外)。
・自主的に出頭したこと(摘発先行は除外)。
・出国の意思があること(在留特別許可を求めている者は除外)。
・速やかに本邦から出国することが確実と見込まれること。

2 効果

・出国命令が出される場合、15日を超えない範囲内で出国期限が定められます(船舶等の運行の都合その他その者には責任がない事情があると認められる場合で、本人からの申出があった場合、出国期限を延長することが可能)。
・住居及び行動範囲の制限その他必要な条件を付すことができます。
・出国した場合の上陸拒否期限は1年間となります。
・一度出国命令によって出国した者は、再度出国命令を受けることができません。

 

 

 

外国人雇用・入管相談についてお知りになりたい方はこちら

●外国人雇用 ●退去強制手続
●出国命令
●在留特別許可 ●収容と仮放免 ●行政訴訟
●帰化申請 ●難民認定 ●弁護士と行政書士の違い
●当事務所の海外連携 ●シンガポールへの進出について  




企業の方への法律相談