デイライト法律事務所は、SDGs達成のために取り組んでいます。

SDGsとは

SDGsとは、2015年に国連で採択されたもので、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことを言います。

この国際目標は、17のゴールから構成されており、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

17のゴールは、以下のとおりです。

① 貧困 貧困をなくそう
② 飢餓 飢餓をゼロに
③ 保険 すべてのひとに健康と福祉を
④ 教育 質の高い教育をみんなに
⑤ ジェンダー ジェンダー平等を実現しよう
⑥ 水・衛生 安全な水とトイレを世界中に
⑦ エネルギー エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
⑧ 成長・雇用 働きがいも経済成長も
⑨ イノベーション 産業と技術革新の基盤をつくろう
⑩ 不平等 人や国の不平等をなくそう
⑪ 都市 住み続けられるまちづくりを
⑫ 生産・消費 つくる責任、つかう責任
⑬ 気候変動 気候変動に具体的な対策を
⑭ 海洋資源 海の豊かさを守ろう
⑮ 陸上資源 陸の豊かさも守ろう
⑯ 平和 平和と公正をすべての人に
⑰ 実施手段
  1. パートナーシップで目標を達成しよう

上記の国際目標の下に、169のターゲットと232の指標が決められています。

SDGsについて、詳しくはこちらのページを御覧ください。

 

 

デイライトがSDGsに取り組む理由

デイライトがSDGsに取り組むのは、国連の上記目標が我々の下記の理念に合致しているからです。

事務所理念

クライアントの未来を照らす
Illuminate clients’ future

現代社会には照らすべき闇が存在します。

人はその闇の中では動くことすらできません。

しかし、目の前に一筋の光が見えたとき、人はその光に向かって進むことができます。

どんなに苦しく、つらいときでも、希望の光さえあれば。

我々は、クライアントの前に広がる闇を照らし、希望に満ちた未来を創造します。

 

 

具体的な取り組み

デイライトは、従来から、既存の法律事務所とは異なる革新的なサービスを提供しています。

SDGsに照らした場合、私達は以下の取り組みを継続して行っています。

 

 

ジェンダー【ジェンダー平等を実現しよう】

1. LGBTに関する啓発

日本では、LGBT問題に対する社会的な関心がまだ低い状況です。
デイライトの家事事件部は、従来から、いち早くLGBT問題の解消に向けてホームページで情報発信したり、講演活動を行うなどして啓発活動に取り組んでいます。

 

2. 女性の活躍推進・女性差別の防止

デイライトの企業法務部・労働事件チームは、女性が社会の中で活き活きと活躍できるようにするために、以下の取組みを行っています。

【セクシュアルハラスメント等の防止セミナー】
セクシュアルハラスメントや性差別の被害の多くは女性です。
セクシュアルハラスメントを予防することは女性が安心して働くために不可欠です。
また、女性であることを理由に昇進させない、重要なポストにつけないなどの性差別を防止するために、企業や企業をサポートする社労士等に対し、精力的にセミナーや研修会を開催しています。

 

成長・雇用【働きがいも経済成長も】

1. 働き方改革の推進

日本は是正すべき労務問題が山積みです。また、高齢化と出生率の低下という問題に直面しています。
今後、日本は労働人口が減少していきます。
さらに、日本企業は、欧米諸国と比較すると、生産性が低いと指摘されています。
したがって、日本企業は、厳しい経営環境の中、これまで以上に生産性を高めていく必要があります。
デイライトの企業法務部・労働事件チームは、これらの問題を解消すべく、働き方改革等の労務問題に関する書籍を多く出版しています。
また、企業・各種団体・社会保険労務士などの専門家に対して各種労働問題に関する研修会・セミナーを開催するなどして企業や専門家に対し、積極的に情報発信を行なっています。

書籍についてはこちらのページをお読みください。

講演活動についてはこちらのページをお読みください。

2. 自社における働き方改革

デイライト法律事務所は、上記のとおり、多くの企業や企業をサポートする士業に対して働き方改革の推進を提唱していますが、当然、自社においても働き方改革を協力に進めています。
例えば、女性の労働力活用に関しては、主婦の子連れ出勤の許容、家事代行・ベビーシッターの助成金支給があります。
また、柔軟な働き方の推進策として、フレックスタイム制の導入、在宅勤務の導入、時間単位の有給休暇制度、出張休暇制度の創設などがあります。
当事務所のこのような改革は、外部の専門機関からも高く評価されており、昨年、「ワークスタイルイノベーション賞」を受賞しました。

表彰実績についてはこちらのページをお読みください。

 

イノベーション【産業と技術革新の基盤をつくろう】

世界が抱える様々な問題を解決するためにはイノベーションを促進する必要があります。特に、ITを活用したイノベーションは、世界的な影響力を有します。
デイライトのオフィスは、「リーガルプラットフォーム」をコンセプトとして設計されており、地域のビジネスパーソンや企業をサポートする士業等の専門家のために、無償のコワーキング・スペースを設置しています。
また、グループのエンジェル投資家集団、デイライト・ベンチャー・アソシエイツ(DVA)と協力して、福岡から世界を変えるべく、地域のビジネスをサポートしています。
さらに、デイライトはIT企業を強力にサポートしています。
すなわち、デイライトの企業法務部・IT法務チームは、IT企業の法務に注力する弁護士のみで構成された専門チームです。
専門性が高い弁護士がIT企業のビジネスを法的側面からサポートすることで、イノベーションの促進に貢献しています。

オフィスについてはこちらのページをお読みください。

DVAについてはこちらをお読みください。

 

平和【平和と公正をすべての人に】

貧困層の方々はリーガルサービスを必要としながらも弁護士費用がネックとなり相談することが難しい状況です。
特に、多重債務者の方々は、借金の返済のために生活が苦しい状況にあり、弁護士に相談することに高いハードルを感じていることがあります。
デイライトの破産再生チームは、多重債務者支援の一環として、債務整理に関しては、初回相談を無料としています。
債務整理の案件は、破産・個人再生・任意整理などの方法で、借金問題を解決します。
これによってマイナス(多重債務)の状況を解消し、貧困の緩和に努めています。

詳しくはこちらのページをお読みください。

※上記取り組みは2020年1月1日現在

 

 

弁護士コラム一覧