「誰よりもクライアントに寄り添い、
すべてのクライアントを幸福へと導く」
弁護士
小幡 拓郎 / Takuro Obata
  • 弁護士
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
小幡 拓郎



 

問題解決へのスタンス

依頼者の方には、それぞれ歩んできた人生があり、そこには、いろいろな想いが詰まっていると思います。

歩んできた人生によって、その人にとっての大切な事、悩んでいる事、不安に感じる事は違ってきます。

私は、そういった想いを理解していなければ、依頼者の方にとって安心していただける解決策は提案できないと考えています。

だからこそ、私は、依頼者の方の悩みや想いに十分耳を傾け、依頼者の方と共に問題を解決していきたいと考えています。

 

 

注 力 分 野

●個人分野 家事事件 相続(専門特化サイトはこちらからどうぞ。
●企業分野 労働問題(専門特化サイトはこちらからどうぞ。

経 歴

●大阪府立四條畷高等学校 卒業
●大阪市立大学法学部法学科 卒業
●大阪市立大学法科大学院 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士法人デイライト法律事務所 入所

 

所 属

●福岡県弁護士会

弁護士になったきっかけ

弁護士を目指したきっかけは、幼少の頃の人生の転機にあります。

私が小学生の頃、私の祖父が経営する会社が倒産し、物上保証人・連帯保証人となっていた私の家族は、突然に多額の借金を抱えることになりました。生活は一変し、そこからの生活は、今までのようには行かなくなりました。

何もできない自分がとてももどかしく思うと共に、もし自分に何か知識があれば、これを回避できたのではないのか、そう思うようになっていきました。

私はこの出来事で、法的問題によって引き起こされたことは、その本人にのみならず、それを取り巻く様々な人に影響を及ぼし、その人たちの人生すら大きく曲げてしまうことを実感しました。私は、人生に影響を及ぼす法的問題を未然に防ぎ、不安のない人生を送ることができるような手助けがしたいと考え、弁護士を目指すようになりました。
syougai_in5

 

出身

私は、大阪で生まれ、幼少期は奈良に、小学校の高学年頃から司法修習を終えるまでは大阪で生活していました。
福岡の文化に刺激を受けるばかりです。

資格等

2級ファイナンシャルプランニング技能士

«
»