破産とは、債務者が経済的に破綻し、債務の支払いが不可能になった場合に、法人が所有する財産全てを換金して債務者に公平に支払い、その後の債務を原則として全て帳消しにするための方法です。

 

会社破産のメリット

弁護士が会社破産手続きの依頼を受けた場合には、速やかに債権者、取引先に受任通知を発送致します。また、営業所などに財物の搬出を禁止する張り紙をするなどし、会社の財産保全を行なうことになります。この時点で、経営者ならびにご家族へ、直接借金の取立てを行なう行為はできなくなります。

また、破産手続きでは会社の債務を確定し、債務者の有する資産を換金した上で、債権者に公平に分配を行ないます。その際、原則として会社が有する資産以上に債務を返済する必要はなくなり、債務返済の負担がなくなります。

 

 

会社破産の進め方

企業破綻直後は大きな混乱が発生しやすい状況にあります。弁護士はこのような混乱を未然に防ぎ、破産申立までの事情や財産の状況を調査してから破産申立を行ないます。一般的に企業破産の場合では、同時に経営者個人、ならびに連帯保証人となっている代表者の配偶者親族についても破産申立てを行ないます。

企業破産の申立てと同時に代表者の申立てをする場合、裁判所に収める予納金など、申立にかかる諸経費を安くすることが可能です。客観的に状況を整理した上で判断をすることが非常に重要になりますので、まずは弁護士まで相談して対処方法を検討することをお勧め致します。ぜひ当事務所までお気軽にご相談下さい。

 

 

倒産・再生についてもっとお知りになりたい方はこちら

●倒産・再生について
●破産とは?
●民事再生とは?
●私的整理とは?




企業の方への法律相談