成年後見制度とは、高齢や障害などのため,判断能力が不十分な方々を,法律面や生活面で保護したり,支援したりする制度です。

たとえば、一人暮らしのおばあちゃんが悪質な訪問販売員に騙されて高額な商品を買わされてしまわないか心配だ、生まれたときから重度の知的障害者を持つ息子がいるが、私たち両親が亡くなった後のことが心配だ、といった悩みを抱える人がいます。こういった場合、成年後見制度を上手に利用することによって、不安を取り除くことが可能です。

高齢者や障害者の方を援助する人を後見人(判断能力の程度によって補助人、保佐人、成年後見人がつきます。)といいますが、その後見人が本人に代わって、財産に関する法律行為(売買契約の取消し、預貯金の管理、遺産分割等)、生活・療養看護に関する法律行為(介護契約、施設の入所契約、医療契約の締結等)を行うことで、本人が安心して生活できるように支援します。なお、成年後見制度を利用しても日用品の購入やその他日常生活に関する行為は、本人が単独で行うことができます(法定後見)。

また、たとえば、今は元気でなんでも自分で決められるけど、将来は認知症になってしまうかも・・・という不安を感じている方が、将来を見越して事前に後見契約を結んでおき、老後に備えるといったことも可能です(任意後見)。

どういう時にどの制度を選択するのかについては、医師等の鑑定も必要な場合もあるので判断が難しいのですが、もしこのようなことで専門家に相談したい場合には、当事務所にご連絡ください。

 

法定後見についてはこちらからどうぞ

任意後見についてはこちらからどうぞ

 

seinenkouken.png

 

 

成年後見についてもっとお知りになりたい方はこちら

●成年後見でお悩みの方へ
●成年後見制度について
●法定後見について
●任意後見について

個人の方への法律相談