72期弁護士 杉原拓海

なぜデイライト法律事務所に入ったのですか?

私は福岡で生まれたものの、人生の大半を関西で過ごしていたので、慣れ親しんだ関西で就職するか、生まれ故郷である福岡で就職するか、どちらにしようかと悩んでおりました。

そんな中、司法試験が終わってすぐの頃、弊所の採用説明会が大阪で開催されることを知り、これに参加したのがきっかけでした。

私はもともと、刑事事件など個人を相手にする業務を扱う弁護士になりたいと考えておりました。

他方で、企業と関わる案件も手掛け、企業の裏にいる多くの市民にも良い影響を及ぼすことができればよいという思いもありました。

デイライト法律事務所は、そんな私の希望にぴったり一致する事務所であることが分かり、実際に体験してみたいと考えるようになりました。

そこで、サマークラークに応募したところ、幸運なことに北九州オフィスでお世話になるご縁を頂けることとなりました。

その際、北九州オフィス所長である西村先生を始め、先輩方がサマークラーク生の私をとても気にかけてくださり、頂いた課題に対する私の拙い回答に対しても、丁寧かつ詳細な解説をしてくださいました。

私は、この事務所であれば、手厚く指導を受けて弁護士として早く成長できるのではないかと考え、デイライトへの入所を決めました。

また、たった数日間ではありましたが、北九州オフィスの皆さんとも非常に仲良くさせて頂き、単純に職場として居心地が良いと感じたことも、入所の決め手になりました。

 

オフィスの特徴を教えてください

北九州オフィスは、小倉駅から徒歩1分のSSビル内にあり、非常にアクセスしやすい環境といえます。

アクセスが良好であることもあり、多くの方が相談にいらっしゃるので、多様な事件を扱うことができます。

オフィス内は常に明るい雰囲気で、オルゴールアレンジの穏やかな音楽が適度な音量で流れており、集中しやすい環境が整えられています。

相談室と執務室がそれぞれ別フロアにあり、執務室の階への人の出入りはさほど頻繁ではない分、落ち着いて業務に取り組むことができます。

 

業務はどのように取り組んでいますか?

弊所では、各弁護士が特定の分野に業務範囲を絞り、集中的にその分野の事件を受け持つことになります。

しかし、最初はもちろん右も左も分からない状態です。

そのため、研修段階においては、先輩の法律相談に同席することから始まり、法律相談をどのように主導していくかを実際に見て学んでいきます。

何度か同席した後は、1年目の弁護士が主任となって法律相談を担当します。

受任になった事件は、全て1年目が主任弁護士となり、事件の処理に当たります。

このときも、まずは何をすべきか、その次はどうするべきか、といったところが最初から分かるわけではありませんので、先輩のアドバイスを仰ぎつつ進めていくことになります。

こうした経験を積んでいくことで、事件処理の大まかな流れが少しずつ分かってくるようになります。

そして、一人で事件処理の全てができるようになった段階で、単独で事件処理を行っていくことになります。

このように、弊所の研修制度は、いわば「超実践的」といえるものであり、丁寧な指導を受けつつ自分で実際にやってみる、という実体験を通じて、様々な経験を得ることができますので、急速に力をつけることができるといえます。

 

特化分野について教えてください。

私は、刑事事件チーム及び企業法務部に所属しており、これらに関わる業務を中心的に行っております。

刑事事件に関しては、入所から4ヶ月ほどで20件近く受任し、主任として事件処理にあたっております。

短期間で一つの分野についてこれだけの事件処理を行うと、日に日に力がついていくのを実感することができ、充実した日々を送ることができています。

業務範囲を特定の分野に絞ることは、上述した弊所の研修制度とも非常にマッチしています。

一つの分野の事件を何件も集中的に処理していくことにより、別の事件での反省点をすぐに生かしてみる、といったこともできるようになり、成長の速度を更に上げることができるといえます。

 

就職活動中の方へのメッセージ

司法試験を終えられた皆様、まずはお疲れ様でした。

ゆっくり休む時間も必要ですが、今後、自分がどのような法律家になっていくのかを、腰を据えて考える時期がやってくると思います。

選択肢はたくさんありますので、ぜひいろいろな事務所を見て回って、自分に合う事務所を見つけてください。

その候補の中に弊所が含まれていて、最終的に弊所で弁護士としての第一歩を踏み出したいと思っていただけたなら、これほど嬉しいことはありません。

弊所には、そのための素晴らしい環境が揃っています。

まずは、軽い気持ちでも構いませんので、ぜひ採用説明会やサマークラークにお越しください。私も最初はそんなスタンスでした。

ご自身で、弊所の魅力を実際に感じ取って頂ければと思います。

 

 

 

 

弁護士法人デイライト法律事務所

採用担当 松田
E-mail recruit@daylight-law.jp
Tel 092-409-1068(平日9:00 - 18:00)

書類郵送先
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2−1−1福岡朝日ビル7階
弁護士法人デイライト法律事務所 採用担当宛