当事務所の債権回収の特徴

当事務所の債権回収における問題解決の特徴は以下のとおりです。

 

 

1 迅速な対応

相手方が、支払いを拒む理由としては、資金繰りが厳しい場合が多いです。その場合、他の債権者と競業したり、しばらくすると、相手方が債務整理手続きを取ってきて回収が難しくなります。

そのため、債権回収には、迅速かつ適切な対応が必要となります。

当事務所では、債権回収の事情を熟知し、相談及び対応を迅速に行うよう心がけています。

 

2 回収費用リスクの低減

弁護士に依頼しても弁護士の着手金や報酬で、かえって費用がかかってしまうリスクがあるので、結局泣き寝入りせざるを得ない場合があると思います。

債権回収にあたって、 費用倒れを心配するのは当然です。そこで、当事務所では、弁護士を依頼した際に頂戴する着手金を最小限に抑え、 実際に回収できた場合の報酬に重くように致しました。

仮に回収できなくても費用負担のリスクは極力少なくなっていますので、是非一度ご検討下さい。

例えば、内容証明作成や交渉については、弁護士の着手金(最初に戴くお金)は、債権額200万円以下では、10万円程度で済みます。

詳細は弁護士費用のページをご覧下さい。

 

3 回収可能性の吟味

弁護士に依頼したからといって、必ず、債権を回収できるわけではありません。 例えば、相手が自己破産をしてしまえば、原則として債権は回収困難です。

また、裁判に勝ったとしても、 執行できる財産が見あたらなければ、勝った判決は、単なる紙切れになってしまいます。

逆に、財産を他人名義に移しているからと言って、必ずしも諦める必要がない場合もあります。  よって、どこまで手続きを進行させるかについて、専門家のアドバイスが必要なのです。

当事務所は、むやみに裁判を起こして、「裁判に勝訴しましたので報酬○○円」ということは致しません。 これも弁護士費用を報酬の方に、重視するメリットです。

 

 4 分割金の管理

「今は、支払いが大変なので、月○○円ずつの支払いでいいですか」というのはよくあります。

ところが、1回あたりの支払い金額が小さかったり、回数が長かったりすると、 管理が面倒だからと、このような分割による回収を嫌がる方もいらっしゃいます。

会社にとって貴重な人的資源をこのようなことに利用するのは、もったいないことです。

当事務所では、このような分割金支払い管理も行っております。

 

 

債権回収の法律相談についてはこちらから

●債権回収の際の留意点 ●債権回収の方法
●取引先が破綻した場合
●当事務所の債権回収の特徴
●売掛金の回収
●弁護士に依頼するメリット

企業の方の法律相談についてはこちらから