7b2fa3234d8ca60c687f1c2db198ce80_s例えば、子供が公園(市が管理)のブランコで遊んでいたら、鎖が切れたため転落し、脳に障害を負ってしまったような場合、誰にどのような賠償請求をできるのでしょうか。

子供が遊ぶために設置されている公園で、このような痛ましい事故が発生すると、親として子供をどこで遊ばせたらいいのか途方に暮れてしまいます。

【責任主体】

このようなケースの場合、まず請求の相手を確定しなければなりません。

この点、国家賠償法2条1項は、「道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。」と規定しています。

この規定でいう「公の営造物」とは、国や公共団体の特定の目的に供される有体物や物的設備をいうとされ、公園のブランコはこれに該当することになります。

したがって、上記のケースでは、請求の相手は公共団体(市)ということになります。

 

 

【要件】

次に、「設置又は管理に瑕疵があった」という要件を満たすかを検討しなければなりません。

この「設置又は管理に瑕疵があった」とは、営造物が通常備えるべき性質または設備を欠くこと、すなわち本来の安全性に欠けている状態をいうと考えられています(客観説)。

そして、最高裁判所は、「営造物の設置または管理に瑕疵があったとみられるかどうかは、当該営造物の構造、用法、場所的環境及び利用状況等諸般の事情を総合考慮して具体的個別的に判断すべきものである」と判示しています。

本件の場合、本来安全でなくてはならないブランコの鎖が切れたのですがから、「設置又は管理に瑕疵があった」といえます。

 

 

【損害賠償の内容】

損害賠償の内容としては、治療費、慰謝料、後遺障害に基づく将来の逸失利益、裁判の際の弁護士費用について、公園を管理していた市に対して、請求可能です。

損害賠償の内容については、こちらをご覧ください。

公園での事故についてお困りのことがございましたら、福岡にあるデイライト法律事務所にお気軽にご相談ください。