弁護士 木村牧子

「クライアントの未来を照らす」
弁護士
木村 牧子 / Makiko Kimura
木村牧子


離婚事件に対するスタンス

離婚は今まで築いてきた家族関係が一気に変化する非常に大きな出来事であるにもかかわらず、友人や家族に相談しづらい面があります。

また、友人や家族に相談したとしても、相談者に近い存在であればあるほど「あのような人とは早く別れた方がよい。」といった感情的なアドバイスだけになることが考えられます。

しかし、離婚は感情の問題だけでなく、実際は財産分与や慰謝料、お子様に関しては親権や養育費といった法的な問題が多数存在しており、これらを全て解決することでようやく新たな一歩が踏み出せることになります。

私は、ご相談に来られた方の一番の良き相談相手となることはもちろんですが、何よりも離婚後の新たな生活が良いものになるように、今後の人生の在り方を一緒に考えながら、法的な問題を一つ一つ解決していきたいと思っています。

「そもそも離婚すべきかどうか。」「離婚するとしてもどうすればよいのか。」等、少しでも離婚について不安を抱えていらっしゃるならば、どうか一人で悩まず、まずはご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

注力分野

●個人分野 離婚問題

 

経歴

●同志社女子高等学校 卒業
●同志社大学文学部社会学科新聞学専攻 卒業
●神戸大学法科大学院 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス 入所

 

出身

生まれも育ちも大阪です。

なかなか関西弁が抜けませんが、これからは福岡に染まりたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

なぜ離婚問題は弁護士に相談すべき?弁護士選びが重要な理由とは?   

続きを読む






«