弁護士が教える! ビジネスに役立つ法律情報!
「餅は餅屋」、法律はデイライト法律事務所にお聞き下さい!

『弁護士が教える! 会社経営に役立つ法律情報!』では、企業の皆様へ
法律に関する貴重なノウハウ・情報を配信していきます。

法律のプロだから話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報をお届けします!

それでは、今月のメルマガ情報についてご紹介いたします。

 

今月の情報

●ネットビジネスにおける注意点
・アフィリエイトプログラムって?
・ドロップシッピングって?

●セミナー情報

 

 

ネットビジネスにおける注意点

アフィリエイトプログラムって?

インターネットを利用していると、「アフィリエイト収入で〇万円稼ぐ!」などの広告を目にすることがあると思います。

YouTuberが流行している近年では、人気YouTuberのアフィリエイト収入がいくらなどと話題になることもあります。

アフィリエイトプログラムとは、インターネットを用いた広告手法の一つです。

ブログ作成者等(=アフィリエイター)が、自身のブログ上に商品やサービスのバナー広告等を掲載し、ブログ等を閲覧した者がこのバナーをクリックしたり、商品を購入したりした場合に、あらかじめ定められた条件に従って、広告主がブログ作成者等に報酬を支払うというビジネスモデルです。

広告主にとって、ブログ作成者等ネットユーザーに広告活動を任せることによって、非常に大きな販路拡大を実現できるというわけです。

また、アフィリエイターに報酬が支払われる体制を整えることにより、アフィリエイターの広告活動にモチベーションを与えることになります。

 

広告表示上の注意

アフィリエイトプログラムにおける留意事項については、消費者庁が「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」(以下、「ガイドライン」といいます。)に指摘があります。

アフィリエイトサイトに掲載する広告主のバナー広告における表示部分に関しては、広告に記載された商品・サービスの内容又は取引条件について、実際のもの又は競争事業者に係るものよりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認される場合には、景表法上の不当表示として問題となされる場合があります。
—————————–
【例1】バナー広告において、実際には当該バナー広告の対象となる商品は普段から1,980円で販売されていたものであるにもかかわらず、「今だけ!通常価格10,000円がなんと!1,980円!!早い者勝ち!今すぐクリック!!」と表示すること
—————————–
【例2】バナー広告において、十分な根拠がないにもかかわらず、「食事制限なし!気になる部分に貼るだけで簡単ダイエット!!詳しくはこちら」と表示すること。
—————————–

上記【例1】の場合、バナー広告において二重価格表示を行う場合には、広告主は、最近相当期間に販売された実績のある同一商品・サービスの価格を比較対照価格に用いるか、比較対照価格がどのような価格であるかを具体的に表示する必要がある、とされています。

次に上記【例2】の場合、バナー広告において、商品・サービスの効能・効果を標ぼうする場合には、広告主は、十分な根拠なく効能・効果があるかのように一般消費者に誤認される表示を行わないようにする必要がある、とされています。

 

ドロップシッピングって?

ドロップシッピングとは、ネット上のサイトを通じて消費者が商品を購入するビジネスモデルですが、サイト運営者は販売する商品の在庫を持ったり配送を行ったりすることをしません。

当該商品の製造元や卸元等が在庫を持ち、配送も行うところに特徴があります。

ここで、ネット上のサイトを「ドロップシッピングショップ」、ショップ運営者を「ドロップシッパー」といいます。

ドロップシッピングショップに消費者から注文があった場合、その注文情報が商品の製造元・卸元に送信され、製造元・卸元は、ドロップシッピングサイト名義で消費者に商品を発送します。

つまり、基本的にはドロップシッパーが製造元・卸元から商品を買い取り、消費者との関係では、ドロップシッパー自身が売主となっている点に、アフィリエイトプログラムとの大きな違いがあります。

なお、ドロップシッピング自体を業として行う事業者として、ドロップシッピングサービスプロバイダ(以下、「DSP」といいます。)が仲介する例もあります。

消費者庁のガイドラインには以下のように説明されています。

—————————–
・ドロップシッパーは、ドロップシッピングショップで販売する商品を自ら選択し、当該商品の価格を自ら決定した上で、消費者からの注文を受ける。
・消費者がドロップシッピングショップで商品を購入した際の注文情報はDSPを通じて商品の製造元・卸元に伝送される。
・注文情報を受けた商品の製造元・卸元は、ドロップシッピングショップの名義で商品を消費者に発送する。
・DSPは、自らが提供する決裁システムを通じて消費者から商品の代金を受け取り、当該代金とDSPがドロップシッピングサイトに商品を提供する価格(ドロップシッピングサイトにとっての仕入れ値に相当)との差額を報酬としてドロップシッパーに支払う。
・DSPは商品の製造元・卸元に商品の代金を支払う。
—————————–

ドロップシッピングでは、ドロップシッパーが商品の仕入れ、管理、梱包、発送等を行う必要がないうえに、在庫を抱える必要がないため、個人でもネットビジネスに参加しやすいものとなっています。

加えて、商品の価格設定をドロップシッパーの判断で決定できるため、アフィリエイトよりも収益率が高いとされています。

他方、製造元・卸元としては、ドロップシッパーによる商品の紹介、販売によって販路拡大を図ることができます。

以上が、ドロップシッピングのビジネスモデルの概要です。

 

広告表示上の注意

ドロップシッパーは、個人であっても基本的には自身が売主立場にあり、景表法上の事業者に当たると考えられます。そのため、表示に関する責任は製造元・卸元にはないという解釈もできます。

もっとも、消費者庁のガイドラインでは、製造元・卸元(又はDSPのうち、製造元・卸元の機能を兼ねる者)は、ドロップシッパーに対して商品を供給する場合であって、販売促進のためのノウハウ等の情報を提供すること等により、ドロップシッパーが一般消費者に示す表示内容の決定に関与するときには、十分な根拠なく効能・効果があるかのように一般消費者に誤認される表示など、景品表示法に違反する表示が行われないようにしなければならないとされています。

このように、ドロップシッパーに一般消費者が多いこともあって、製造元・卸元等がドロップシッパーに対する監督機能を発揮することが求められており、ドロップシッパーに対する監督が不十分なためにトラブルが発生してしまった場合には、製造元・卸元等も責任を追及される可能性があることに留意しておかなければなりません。

 

 

セミナー情報

下記のとおり、セミナーを開催いたしますので、奮ってご参加ください。

テーマ
ハラスメント対策セミナー

対 象
企業 ・ 社労士

日 程
【佐賀開催】 2019年8月28日(水)

一般財団法人佐賀県教育会館
佐賀市高木瀬町東高木227-1 教育会館5階

【小倉開催】 2019年8月29日(木) 
デイライト法律事務所 北九州オフィス内
北九州市小倉北区浅野2-12-21 SSビル7階

【博多開催】 2019年8月30日(金)
デイライト法律事務所内
福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル7階

講 師
第1部:社労士 城 敏徳
第2部:弁護士 宮﨑 晃

時 間
14:00~17:00(開場14:30)

参加料
3,000円(税込)※顧問先企業様は無料

上記セミナーについて、詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.daylight-law.jp/138/1380182838/

 

 

(執筆者:本村 安宏)

 

 

弁護士が直伝!経営者が押さえておくべき労務管理の基礎知識メルマガ登録


メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
               

「info@daylight-law.jp」 からメールを配信します。メール受信を許可するよう設定ください。メルマガ送信先のアドレスはできるだけフリーメール以外のアドレスをご登録ください。Yahoo, hotmail, Gmail等のメールアドレスはメールフィルターではじかれる等、メールが届かない場合がありますので、個別にメール受信許可設定をお願いします。



メルマガバックナンバー

デイライトプラス 2019年8月号 ネットビジネスにおける注意点、アフィリエイトプログラムって?、ドロップシッピングって?、セミナー情報 ... 続きを読む
デイライトプラス 2019年7月号 リコール制度について、製造物責任法(PL法)について、セミナー情報 ... 続きを読む
デイライトプラス 2019年6月号 個人事業者の事業用資産に係る納税猶予制度が創設されます 、消費税が改正され対応が必要になります、今月のセミナー情報、編集後記:台湾でアジア初の同性婚法制化 ... 続きを読む
デイライトプラス 2019年5月号 怠慢従業員への対応~離席の多い従業員~ 、怠慢従業員への対応~業務中に私的メール・ネット利用をする従業員~ 、今月の書式集、リーフレット集、今月のセミナー情報 ... 続きを読む
デイライトプラス 2019年4月号 メンタルヘルス不調者に対する休職命令の可否、従業員が「企業秘密」を持ち出すことは違法?、今月の書式集、リーフレット集、今月のセミナー情報 ... 続きを読む

バックナンバー一覧へ