デイライトプラス 平成29年3月号



弁護士が教える! ビジネスに役立つ法律情報!
「餅は餅屋」、法律はデイライト法律事務所にお聞き下さい!

『弁護士が教える! 会社経営に役立つ法律情報!』では、企業の皆様へ
法律に関する貴重なノウハウ・情報を配信していきます。

法律のプロだから話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報をお届けします!

それでは、今月のメルマガ情報についてご紹介いたします。

今月の情報

・残業時間上限規制の動き(政府の働き方改革実現会議)
・固定残業代って何?
・今月の書式集、リーフレット集
・今月のセミナー情報
・新入所弁護士の紹介

残業時間上限規制の動き(政府の働き方改革実現会議)

昨年の9月から始まった政府の働き方改革実現会議において、長時間労働を是正しようという動きがあります。

具体的には、36協定により可能となる残業について、残業時間の上限を設けることにより過労死のリスクが伴う長時間労働を是正することを、政府の働き方改革実現会議の場で議題にされています。

詳しくはこちらをどうぞ
http://www.fukuoka-roumu.jp/2907/10028/

固定残業代って何?

労働者が時間外・休日労働(残業)をした場合、使用者は労働者に対し、残業代として、通常の労働時間または労働日の賃金の計算額に一定の割増率を乗じた割増賃金を支払わなければならなりません。

割増賃金の規定が義務化しているのは、時間外・休日・深夜労働に対し、法定の基準を満たす一定額以上の割増賃金(残業代)を支払うことですので、そのような額の割増賃金が支払われる限りは、法所定の残業代割増率の計算方法をそのまま用いる必要はありません。

すなわち、残業代として法所定の割増賃金の代わりに一定額の「残業手当」を支払うことも、法所定の計算による割増賃金額を下回らない限り適法なものとして許容されることとなります。

これが、いわゆる「固定残業代」というものです。

詳しくはこちらをどうぞ
http://www.fukuoka-roumu.jp/2907/10029/

 

今月の書式集、リーフレット集

会社が労働者に対して支払う賃金に関し、過払いが生じる場合があります。会社が労働者に対して過払賃金の返還を請求する際、振込みによる場合か、将来支払うことになる賃金から控除する方法が考えられます。

いずれの方法をとるにしても、労使での合意書を残すことで後々発生する紛争等のリスクを軽減するというメリットがあります。

ここでは、過払い賃金の返還に関する合意書の書式をご紹介します。他にも労務に関する様々な書式集もご用意しておりますので、ぜひご活用ください。
http://www.fukuoka-roumu.jp/292/292005/292005002/index.html#000253

 

弊所セミナー情報

◇4月26日(水)
【テーマ】「改正個人情報への対応と企業の情報管理」
「多様な“働き方改革”に対応するための方策」
【対 象】企業
【定 員】24名
【講 師】弁護士西村裕一、社労士城敏徳
【場 所】デイライト法律事務所福岡オフィス
【時 間】14:00~17:00(開場13:30)
【参加料】3000円(税込)※顧問先企業様は無料

◇5月19日(金)
【テーマ】「ユニオンへの具体的な対応Q&A」
「合同労組対策と社労士業務」
【対 象】社労士
【定 員】30名
【講 師】弁護士宮崎晃、弁護士西村裕一、弁護士鈴木啓太、弁護士竹下龍之介
【場 所】デイライト法律事務所福岡オフィス
【時 間】17:00~20:00(開場16:30)
【受講料】3000円(税別)※顧問先社労士様は無料
【懇親会】セミナー終了後、希望者の方を対象として当事務所弁護士との懇親会を企画しております(会費3000円)。

◇5月26日(金)
【テーマ】「合同労組・ユニオンへの法的対応の実務」
「労働基準監督署調査対策の実務」
【対 象】企業
【定 員】30名
【講 師】弁護士宮崎晃、社労士城敏徳
【場 所】デイライト法律事務所福岡オフィス
【時 間】14:00~17:00(開場13:30)
【参加料】3000円(税込)※顧問先企業様は無料

弊所セミナー情報は、こちらからどうぞ。
https://www.daylight-law.jp/138/

 

編集後記:新入所弁護士のご紹介

弊所が発行しているニュースレターにて、新入所弁護士の小原(おばら)をご紹介しています。

小原のインタビュー形式のご紹介については、こちらをご覧ください。
https://www.daylight-law.jp/1410/101920177/

(執筆者:勝木 萌)

 

 

弁護士が直伝!経営者が押さえておくべき労務管理の基礎知識メルマガ登録


メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
               

「info@daylight-law.jp」 からメールを配信します。メール受信を許可するよう設定ください。メルマガ送信先のアドレスはできるだけフリーメール以外のアドレスをご登録ください。Yahoo, hotmail, Gmail等のメールアドレスはメールフィルターではじかれる等、メールが届かない場合がありますので、個別にメール受信許可設定をお願いします。



メルマガバックナンバー

デイライトプラス 2019年1月号 下請法違反について、改正入管法が成立しました ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年11月号 パワハラ防止策が企業に義務づけられる?法改正に向けた動き、どうなる入管法改正 現在までの改正案、外国人雇用チームの創設~外国人の採用や雇用問題はお任せください!~ ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年10月号 働き方改革関連法が施行されます~改正法への対応はできていますか?~、在宅勤務(テレワーク)の導入 ・デイライトの書籍紹介~「働き方改革実現の労務管理」が出版されました~、外国人雇用チームの創設~外国人の採用や雇用問題はお任せください!~ ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年9月号 情報管理は万全ですか?、不正競争防止法の観点から行うべき対策、さらなる対策、不正競争防止法が改正されました。 ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年8月号 同一労働同一賃金に関する法改正のポイントと対策、破産再生チーム発足、書籍出版情報、セミナー情報 ... 続きを読む

バックナンバー一覧へ