デイライトプラス 平成28年2月号



弁護士が教える! 会社経営に役立つ法律情報!
「餅は餅屋」、法律はデイライト法律事務所にお聞き下さい!

『弁護士が教える! 会社経営に役立つ法律情報!』では、企業の皆様へ
法律に関する貴重なノウハウ・情報を配信していきます。

法律のプロだから話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報をお届けします!
それでは、今月のメルマガ情報についてご紹介いたします。

 

今月の情報

・同一労働同一賃金の法制化に向けた動き
・事業所内保育施設の助成要件が緩和されます。
・企業の海外進出・撤退、株式公開をサポートいたします!
・今月の書式集、リーフレット集
・弊所セミナー情報
・編集後記:新入所弁護士のご紹介

同一労働同一賃金の法制化に向けた動き

毎日新聞は、今月12日、政府が「同一労働同一賃金」の法制化の方針を固めたと報道しました。早ければ来年の通常国会に提出する方針とされています。

昨年4月に改正パートタイム労働法が施行されましたが、今回の「同一労働・同一賃金」が法制化されると、改正パートタイム労働法とどのような関係にあるのでしょうか。

続きはこちらをご覧ください。

http://www.fukuoka-roumu.jp/2907/10011

 

事業所内保育施設の助成要件が緩和されます。

政府は、1月26日に開催された子ども・子育て会議において、事業所内保育所に対する新たな補助制度の概要を示しました。

これまでの制度では保育所が認可をうけるための要件が厳しく、全国で4000箇所以上ある事業所内保育所のうち、認可を受けた事業所内保育所はわずか200箇所にも届きませんでした。
しかし、認可を受けていない施設は、国からの補助金がなく保育料が高額になり、子どもを預けることを希望する両親にとって大きな障害となっていました。

今回の新制度が始まると、市区町村の認可を受けていない事業所内保育所でも国からの運営費の補助を受けることが可能になります。これまでに比べより緩やかに助成金を受けることが可能になる結果、保育料が低額におさえられ、利用者が保育所を利用しやすくなることが期待されています。

事業所内保育施設を設けることは、企業にどのような利益をもたらすのでしょうか。
続きはこちらをご覧ください。

https://www.daylight-law.jp/1407/1407014/

 

企業の海外進出・撤退、株式公開、サポートいたします!

■ 海外進出、撤退サポート

グローバル社会と呼ばれる今日、企業の海外進出は、企業が発展を続けるうえでとても重要な役割を果たします。
とりわけ少子高齢化の日本では、内需のみでビジネスを展開することは困難です。

昨今の海外進出の需要に応じ、デイライト法律事務所では、企業の海外戦略のリーガルサポートを提供しています。

サポート対象国は、中国、韓国などのほか、複数国あります。
また、国内外のコンサル業者や各種専門家と戦略的な業務提携をしており、幅広いネットワークを活用して企業の海外戦略を強力にサポートします。

弊所の海外進出、撤退サポートについて、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.daylight-law.jp/kigyo/overseas-expansion.html

■ 上場支援 / IPO(株式公開)サポート

企業の成長をより加速させるために、株式公開は重要な選択肢の一つです。
株式公開とは、自社の株式を証券取引所に上場させることをいい、IPO(Initial Public Offering)と呼ばれています。

デイライト法律事務所では、IPOに際して、企業の状況に合わせた様々なサポートを提供しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.daylight-law.jp/kigyo/ipo.html

 

今月の書式集・リーフレット集

今月は、個人情報・マイナンバー関連書式集をご紹介いたします。
マイナンバー制度の導入により、個人情報を管理する使用者は、個人情報の取扱いにこれまで以上に注意を払わなければなりません。

今後も個人情報・マイナンバー関連書式については随時追加予定です。

ぜひ一度こちらをご覧ください。

https://www.daylight-law.jp/1415/1415007/

 

弊所セミナー情報

弊所セミナー情報についてお届けします。

■ メンタルヘルス対処法セミナー

日 時:平成28年3月7日(月)
14:00~17:00(開場13:30)
会 場:アクサ生命保険北九州FA支社
参加料:3000円(税込み)※顧問先企業様は無料
定 員:28名

【セミナーの概要】
第1部:メンタルヘルス不調者への法的対応の実務
第2部:メンタルヘルス不調者相手の雇用契約終了の実務
第3部:ストレスチェック制度の仕組みと実務

ストレスチェックの義務化に伴い、注目度がますます高まっているメンタルヘルス問題を扱った本セミナーは、毎回ご好評をいただいております。ふるってご参加ください。

■ 社労士のための合同労組・ユニオン徹底対処法セミナー

日 時:平成28年3月11日(金)
17:00~20:00(開場16:30)
会 場:当事務所(福岡オフィス)セミナールーム
参加料:3000円(税込み)※顧問先企業様は無料
定 員:24名

【セミナーの概要】
第1部:ユニオンへの具体的な対応 Q&A
第2部:合同労組対策と社労士業務

近年、合同労組・ユニオンと企業との団体交渉が問題化しています。対応のポイントについて、解説します。
各セミナーの詳しい情報やお申し込みは、こちらからどうぞ。

https://www.daylight-law.jp/138/

 

編集後記 ~ 新入所弁護士紹介

今回は、昨年12月に入所し、現在福岡オフィスで執務しております、橋本誠太郎(はしもとせいたろう)弁護士をご紹介いたします。
橋本は佐賀県出身で、国内の案件のみでなく、国際家事事件や国際取引分野にも注力しております。

橋本の入所により、デイライト法律事務所はさらに層を厚くし、充実したリーガルサービスをお届けします。
橋本の詳しい情報については、こちらをご覧ください。

https://www.daylight-law.jp/125/127008/

 

 

弁護士が直伝!経営者が押さえておくべき労務管理の基礎知識メルマガ登録


メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
               

「info@daylight-law.jp」 からメールを配信します。メール受信を許可するよう設定ください。メルマガ送信先のアドレスはできるだけフリーメール以外のアドレスをご登録ください。Yahoo, hotmail, Gmail等のメールアドレスはメールフィルターではじかれる等、メールが届かない場合がありますので、個別にメール受信許可設定をお願いします。



メルマガバックナンバー

デイライトプラス 2019年1月号 下請法違反について、改正入管法が成立しました ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年11月号 パワハラ防止策が企業に義務づけられる?法改正に向けた動き、どうなる入管法改正 現在までの改正案、外国人雇用チームの創設~外国人の採用や雇用問題はお任せください!~ ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年10月号 働き方改革関連法が施行されます~改正法への対応はできていますか?~、在宅勤務(テレワーク)の導入 ・デイライトの書籍紹介~「働き方改革実現の労務管理」が出版されました~、外国人雇用チームの創設~外国人の採用や雇用問題はお任せください!~ ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年9月号 情報管理は万全ですか?、不正競争防止法の観点から行うべき対策、さらなる対策、不正競争防止法が改正されました。 ... 続きを読む
デイライトプラス 平成30年8月号 同一労働同一賃金に関する法改正のポイントと対策、破産再生チーム発足、書籍出版情報、セミナー情報 ... 続きを読む

バックナンバー一覧へ