このような方におすすめ

  • 今後10年以上社労士を続ける予定
  • 顧客を満足させる社労士でありたい
  • 顧問先とのトラブルを未然に防止したい
  • 売上を伸ばしたい
  • 社労士業界の現状を知りたい
  • 社労士として企業をサポートしている

このセミナーで学べること

POINT

現在、ITやAIの発達によって、ルーチン業務は淘汰されようとしています。

2015年12月、オックスフォード大学と野村総研の共同研究の成果が公表されました。

この研究によれば、社労士の業務の「AIによる代替可能性」は79.7%と発表されています。

したがって、社労士のいわゆる1号業務、2号業務といった日常業務は、遠くない将来、コンピューターに取って代わられる可能性が高いと考えられます。

他方で、社労士には、3号業務としてコンサルティング業務があります。

コンサルティングなどで人と深く関わることが求められる仕事は、AIに取って代わられる可能性は低いと考えられます。

また、近年の働き方改革のときのように、労働問題は、社会状況の変化に伴って、常にコンサルティングのニーズがあると予想されます。

したがって、労働法令のプロフェッショナルとして、企業に対して、労務管理のコンサルティングができる社労士は、今後も選ばれ続けるでしょう。

このような社労士を取り巻く環境の急激な変化に鑑み、社労士の業績アップセミナーを開催します。

セミナーでは、西日本最大の規模にまで成長した事務所の代表社労士が自社のあゆみやこれからの経営戦略について、講演いたします。

また、社労士が成長していくためには、労働法令に精通した弁護士との連携が必要です。

そこで、労働問題に専門特化し、九州トップレベルへと成長した法律事務所の弁護士が、社労士との連携方法について講演いたします。

社労士の皆様は奮ってご参加ください。

 

 

セミナー詳細

社労士の高付加価値経営セミナー

【博多開催】

日時:2020年2月12日(水)14:00~17:00(開場13:30)→ 詳細はこちら

 


費用:3000円(税込み) 顧問先企業様は無料

 

 

2/12 社労士の高付加価値経営セミナー【博多開催】