10
20(金)

社労士のための労基署対策セミナー


当事務所セミナールーム(博多駅徒歩1分)
17:00~20:00(開場16:30)


平成29年10月20日(金)

社労士のための労基署対策セミナー

セミナーのコンセプト

近年、労基署による企業の監督や取り締まりが強化されています。

労基署は、企業が労働基準法等に違反していないかを調査するため、事業場に強制立入調査し、違反があった場合は、是正勧告書を交付します。そして、悪質、重大な法違反がある場合は、その企業の経営者等の刑事責任を追求するため、検察庁に送検します。

また、最近では「かとく」(過重労働僕越特別対策班)を設置し、長時間の時間外労働が疑われる事業所に立ち入って、調査・指導や摘発を積極的に行うようになりました。 これらの取り締まりの強化は、各企業や企業をサポートする士業にとってとても気になる問題です。

ところが、多くの企業は労基監督官の職務内容と権限、強制立入調査の進み方、調査への対応方法等について知らないのが現状です。また、労基署への対応について、的確に助言できる専門家も多くありません。

このような社会的状況を背景として、出版社から労基署への対応に関する書籍発刊の依頼を受け、弊所の弁護士が執筆することとなりました。この書籍出版を記念して、執筆者である4人の弁護士が労基署対策について、わかりやすく解説いたします。また、実務で使える書式集も配布しますので、セミナー修了後には、顧問先企業に対して、具体的にどのようなアドバイスをすべきかが明確になっていると思います。

社労士のための労基署対策セミナー(PDF)

セミナーのテーマ

  • 第一部

    労基署対策への具体的な対応Q&A

  • 内容

    ○強制立入調査への対応

    ○是正勧告書への対応

    ○労基署が問題視する違反例

    ○刑事責任追及と対応方法

    ○労働災害の法的責任と対応方法

    ○「実務で使える書式集」の活用方法

  • 第二部

    労基署対策と社労士業務

  • 内容

    ○社会保険労務士が労基署に対応する場合の注意点

    ○パワハラ、セクハラを行うモンスター従業員の事例と対応策

講師紹介

  • 講師

    デイライト法律事務所

    代表弁護士 宮﨑 晃 税理士・ファイナンシャルプランナー

    小倉オフィス所長 西村 裕一 弁護士・ファイナンシャルプランナー

    博多オフィス   森内 公彦 弁護士・ファイナンシャルプランナー

             鈴木 啓太 弁護士・ファイナンシャルプランナー

  • 紹介
    4人の講師は当事務所の企業法務チームに所属し、企業や社労士の方々をサポートしています
日時平成29年10月20日(金)17:00~20:00(開場16:30)
場所当事務所セミナールーム(博多駅徒歩1分)
福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル7階
参加料3000円(税込)ただし、顧問先企業様は無料

申し込みフォーム

お申込みをご希望の方は、以下のフォームより登録をお願いいたします。