1 在留特別許可が認められる例

在留特別許可について、入国管理局は明確な基準を発表していませんが、次のようなケースでは在留特別許可が認められているようです。

 

日本人の配偶者

日本人と法律上結婚していて夫婦としての実態がある場合はほぼ認められているようです。

 

日本人から認知を受けた子ども等

日本人の親から認知を受けた外国人の子どもやその子どもを実際に養育している外国人の親についてもほぼ認められるようです。

 

2 ガイドライン

在留特別許可について、明確は判断基準はありませんが、基本的な考え方や考慮事項等について、ガイドラインは示されています。

ガイドラインについてはこちらからどうぞ