企業法務チーム座談会

企業法務チーム座談会トップ画像

 

デイライト法律事務所の強みとは?

企業法務チーム座談会の画像
森内
弁護士全員が専門特化していることです。

専門特化しているので、それだけ専門分野のノウハウを蓄積していくことができます。

また、企業法務内でいうと、さらに弁護士ごとに特化している業種があります。

新規の相談は、基本的にその業種に特化している弁護士が担当するようになっており、自分の興味ある業種についてもノウハウを蓄積してくことができます。

 
企業法務チーム座談会の画像
勝木
また、周りの方に相談がしやすいというのもいいなと感じてます。

私は小倉オフィス所属なのですが、電話やテレビ会議システムで、距離を感じることなく博多オフィス所属弁護士とやりとりや質問ができています。

オフィス間でも連携をとれていることは強みかなと思います。

森内
また、デイライト法律事務所は、1年目から何でもやらせてもらえることも強みかなと思います。

例えば、私の場合、入所1ヶ月くらいの時に団交に行かせてもらったということがありました。

その他にはも様々な経験をさせてもらったことで、1年目から自分自身を成長させることができたと感じています。

 
企業法務チーム座談会の画像
橋本
そうですね。

意欲があれば、いくらでも成長できる環境ですよね。

 

企業法務やっていて面白いと思うことはありますか?

企業法務チーム座談会の画像
森内
企業法務は、業種によって全然違うことです。

先ほどお伝えした通り、デイライト法律事務所企業法務チームでは、弁護士ごとに特化している業種があります。

私は、製造・建設業分野に特化し、知識を深めていっています。

一口に企業法務といっても、お客様の業種によって、起こりやすい労働問題やその適切な対処方法も異なってきます。

この点は面白いなと思いますね。

 
企業法務チーム座談会の画像
橋本

森内先生は、実際に製造業の会社に出向したことがあるんですよね?

森内
そうですね。

短期出向でしたが、製造業の企業様を訪問し、会議に参加したり、実際に工場を掃除したりしました。

勝木

掃除もしたんですか?!

森内
はい。

顧問先の方にお願いして、掃除に参加させてもらいました。

実際にその企業内で働く方と同じ仕事をすることで、そこで働く方たちの想いも感じることができ、とても勉強になりました。

 

業務で心がけていることはありますか?

企業法務チーム座談会の画像
橋本

企業の日々変わってゆく状況で、スピード感を持って対応することを心がけています。

何につけても企業はスピードですよね!メールの返信もスピードを意識してます。

森内
展開がどんどん変わっていくのでスピード感は大事ですよね。

あと心がけているのが、「問題の未然防止」ということです。

訴訟や労働審判など、既に問題が顕在化・複雑化している場合は、その対応を急ぎ行いますが、このように複雑化してしまうと、企業にとっても非常に大きな損失となりますので、問題が複雑化する前に解決する、問題の未然防止できるよう定期的にセミナーやニュースレター等を通じて労働法の知識を発信しています。

 

入所して驚いたことはありますか?

森内
まずはハイテクだな、と。事務所では、Googleスプレッドシート、Googleカレンダーなど、オンラインのGoogle Appsを利用して情報を管理しています。

私は、エクセルよりもロータスになじみがあるぐらい、その辺に疎かったので・・・

勝木 橋本

ロータス?

 
企業法務チーム座談会の画像
森内
エクセルが普及する前によく使用されていた表計算ソフトです。ジェネレーションギャップですね。笑

ですので、入所したときは、使ったことのないツールが多くて戸惑いました。

ただ、使い慣れてくると、オンラインのツールを活用することで、非常に効率化されているなと感じています。

 
企業法務チーム座談会の画像
勝木

私は、今まで関東の方で過ごしてきて、福岡になじみがなく、入所するまではどんなところかドキドキしていたのですが、思っていた以上に住みやすい街だなと感じています。

小倉オフィスメンバーでホークスの野球観戦に行ったり、楽しく過ごしています。

 
 
【ホームページ】
労働問題特化サイト
事業承継特化サイト

zadankai



弁護士法人デイライト法律事務所

採用担当 佐久本(サクモト)
E-mail info@daylight-law.jp
Tel 092-409-1068(平日9:00 - 18:00)

書類郵送先
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2−1−1福岡朝日ビル7階
弁護士法人デイライト法律事務所 採用担当宛