刑事収容施設での処遇

刑事収容施設での問題

弁護士入野田智也イラスト
刑事収容施設でのトランスジェンダーの方をめぐる問題は、LGBTという言葉が社会に広まった現在でも未だに残っています。
その内容としては、①戸籍上の性別ではなく、性自認の性別で扱ってもらえるのか、②ホルモン治療を行っている場合には、そのホルモン治療を収容中も続けられるのか、といったものです。

 

① 性自認の性別で扱ってもらえるか?

戸籍上の性別を変更している場合には、その変更した性別の収容所に入ることになりますが、変更していない場合については、戸籍上の性別の収容所に入ったうえで、ある程度の配慮がされるという扱いになっています。

 

② ホルモン治療を行っている場合には、そのホルモン治療を収容中も続けられるのか?

原則としてホルモン治療等は行わないということになっていますが、個別的な事情から必要と認められる場合にはホルモン治療を行ってもらえる場合もあります。

 

 

 

刑事収容施設でのトランスジェンダーの扱い

 

まず、問題の前提ですが、トランスジェンダーと言っても、性同一性障害であるとして戸籍上の性別を変更している者、戸籍を変更はしていないが性別適合手術やホルモン治療を受けている者、戸籍を変更はしておらず特に手術等も行っていない者など、様々です。

この中で、戸籍を変更している場合には、刑事収容施設においても戸籍上の性別に従って扱われることになるため、特に問題はありません。
性別のイメージ画像しかし、戸籍上の性別を変更していない場合には、自己の性自認とは異なる戸籍上の性別に従って刑事収容施設に入れられるため、その扱いについても戸籍上の性別に従ってなされることになります。

もっとも、国は、平成23年及び平成27年に「性同一性障害等を有する被収容者の処遇指針について」という通知を出し、刑事収容施設においても性同一性障害の方に配慮するという方針を出しました。

 

 

通知により定められた配慮内容

 

居室

 

刑務所収容施設の居室については、原則として単独室に収容するものとされています。

 

入浴や身体検査などの着衣を付けない場面

 

着衣を付けない場面というのは、適切な配慮がなされなければ羞恥心が害されることになりますので、しっかりした配慮が求められる場面です。

この場合については、MTFかFTMか、外形変更のあるなしで扱いを変えています。

 

● MTF(生物学的には男性なのだけど、気持ちは女性の方)の場合

外形変更あり:女子職員による対応をする。

外形変更なし:原則として複数の男性職員で対応をする。必要に応じて女子職員を含めての対応をする。

 

● FTM(生物学的には女性だけど気持ちは男性の方)の場合

外形変更のありなしにかかわらず、原則として女子職員が対応する。

 

また、着衣のない場面では、他の被収容者と接触させない配慮なども規定されています。

 

その他

髪型について、FTMの方には単発とすることを認めたり、MTFの方に調髪を行わないことを認めたりしています。

その他にも必要に応じて、ヘアピン、整髪料、くしなどを使用することを認めるなどしています。

 

 

ホルモン治療の扱い

 

ホルモン治療がしてもらえるかについては、以下のように通知されており、原則として認められず、特に必要な事情がある場合に治療を受けさせるということになっています。

「性同一性障害者等についての積極的な身体的治療(ホルモン療法、性別適合手術等)に関しては、きわめて専門的な領域に属するものであること、また、これらの治療を実施しなくても、収容生活上直ちに回復困難な損害が生じるものと考えられないことから、特に必要な事情が認められない限り、法第56条に基づき国の責務として行うべき医療上の措置の範囲外にあると認められる」

もっとも、通知では上記のとおり原則として治療を必要としないとあるものの、ホルモン治療を止めた場合には、身体的・精神的両面において影響が出るとされており、治療が原則として不要とされていることには疑問が呈されています。

 

 

弁護士にご相談ください

弁護士入野田智也画像現在、刑事収容施設でのトランスジェンダーの処遇は、少しずつ改善されていますが、それでも職員などの理解がないため、十分な配慮や治療をしてもらえていない事案も少なくありません。

相談者一人でこの状況を変えるのは、精神的にも身体的にも大きな苦痛が伴うでしょう。

配慮や治療をしてもらえない場合には、弁護士と相談し、収容所の所長へ改善を求めることが必要になってきます。

当事務所では、刑事に特化した弁護士とLGBTに特化した弁護士が在籍しており、二人体制で相談・依頼を受けておりますから、安心してまず一度ご相談ください。

担当医とも面会の上、医師の意見書及び弁護士の意見書を作成し、収容所所長に提出します。

場合によっては訴訟提起が必要となることもあるでしょう。

お気軽にご相談ください。

当事務所では、全弁護士がトランスジェンダーの方々に理解があるだけではなく、LGBT問題に特化した弁護士もおりますので、まずはお気軽にご相談ください(事前予約制になりますが、お電話でも相談を承ります)。

また、こちら「セクシュアルマイノリティって?~LGBT問題~」も合わせてご覧ください。

>> お問い合わせ先
新規ご予約専用ダイヤル 
0120-783-645
通常ダイヤル 092-409-1068

また、メールフォームからのご予約も受け付けております。
メール問い合わせ

 

 

弁護士入野田智也画像当事務所には、LGBT問題に特化した弁護士も在籍しています。
基本的には来所しての相談を勧めておりますが、LGBT関連の相談では、弁護士といっても直接会うのは躊躇されるということがあるかと思います。
そのような方のために、電話相談(要予約)も受けておりますので、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
>> お問い合わせ先
新規ご予約専用ダイヤル 
0120-783-645
通常ダイヤル 092-409-1068

また、メールフォームからのご予約も受け付けております。
メール問い合わせ
   

LGBTについてもっとお知りになりたい方はこちら

   セクシュアルマイノリティって?~LGBT問題~

   性同一性障害

   パートナーシップ制度について

   同性カップルの老後・死後に備える

   同性パートナーからの暴力

   LGBTとハラスメント対応

   同性カップルでの同居

   LGBTと刑事

   刑事収容施設での処遇

 



離婚 交通事故 DVモラハラ 遺産・相続
国際離婚 婚約破棄 債務整理 成年後見
刑事事件 人身障害 LGBT問題