企業の海外進出・撤退サポート

87e707dd69309b6489739238284beaec_s急速化するグローバル化のなかで、欧米先進国・新興国の区別なく国境を越えた取引が急増しています。

 

いまや一企業が他国の影響を受けずに自国内だけで収益を確保し、持続的に成長し続けることは不可能に近い状況です。

 

とりわけ日本は、少子高齢化に突入しており、内需のみでビジネスを展開していくのは困難といえます。

 

また、技術水準や経済が急成長している新興国の追い上げにより、日本企業は規模の大小を問わず、生き残りを掛けた海外戦略を余儀なくされています。

 

このような企業を強力にサポートするため、デイライト法律事務所では、企業の海外戦略のリーガル・サポートを提供しています。

 

サポートの対象国は、中国、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシアなどのアジア地域の他、アメリカ(ハワイ州を含む。)、オーストラリアなどです。

 

また、ひとくちに海外戦略といっても、企業の海外進出のサポートだけではありません。

 

例えば、ある国に自社製品の販売を増加させたいという場合、次の方法が考えられます。

・製品を輸出する。
・現地に販売拠点を設立し、輸出する。
・現地に生産拠点を設立し、現地で生産する。

上記のうち、それを選択するかは企業や市場の状況により異なってきます。

 

そのためには、情報収集と分析、また、入念な準備が必要です。

 

また、すでに海外に進出している企業は、現地法人の適切な管理が必要です。

 

さらに、市況の変化により、撤退や再編などの課題に直面することがあります。

 

デイライト法律事務所は、国内・海外のコンサル業者、各種専門家と戦略的な業務提携を締結しており、幅広いネットワークによって、企業の海外戦略をサポートしています。

 

写真企業の海外進出、撤退サポートについては、当事務所にお気軽にご相談ください。

 

デイライト法律事務所は、企業にとって最適なリーガル・サービスを提供したいという想いから、様々な顧問サービスをご用意しております。

 

顧問サービスについて、くわしくはこちらをごらんください。

 

 

企業の方の法律相談についてはこちらから



顧問弁護士へのリンク