削除請求


・インターネット上で,会社のありもしないことを流されている

・社長の悪口が多数書き込まれた
・会社名で検索すると,ブラック企業などと書かれている

 

誰もがパソコンやスマートフォンでインターネットを楽しむ現代社会では,こうした名誉毀損や信用を害するような情報を掲示板などに書き込まれる被害が後を絶ちません。

インターネットの特徴として,匿名性があります。そうした性質から,特に2ちゃんねるなどの掲示板には,毎日無数の書き込みがなされています。

ネット上の誹謗中傷が企業に向けられた場合,その企業の信用を大きく損なう危険性が潜んでいます。そうした情報を放置すれば,検索システムでその企業を検索すると,誹謗中傷サイトが上位にくることも大いにあります。

 

誹謗中傷サイトが企業に与える悪影響の具体例としては,以下のようなものがあります。

・その情報を見た取引先から突然取引の停止を申し入れられた。
・企業の商品の売れ行きが悪くなった。
・新規に従業員を採用しようとしてもなかなかいい人材が集まらない。

こうした被害を防ぐためには,早急に当該情報をインターネット上から消去する必要があります。それが削除請求です。

 

 

削除請求についてはこちらもご覧下さい。

●削除請求
●削除請求の流れ
●削除請求の要件 ●開示請求とは
●開示請求の流れ ●開示請求の要件(1)
●開示請求の要件(2) ●被害に遭った時の注意点





顧問弁護士 労働問題 契約書 事業承継
倒産・再生 不動産問題 債権回収 外国人雇用・入管
風評炎上対策 不当表示 上場支援 企業の海外進出撤退サポート
税務調査対応 労務調査対応 ユニオン合同労組


顧問弁護士へのリンク