弁護士による外国人雇用・入管相談

Studio Photo-0003.jpg■外国人を継続的に雇用したいがどのようにすればよいのか分からない

■社員が不法在留で逮捕され、強制退去になるかもしれないので困っている

■社員を海外へ渡航させたいが、日本人にビザが発給されにくい国なので困っている

■日本国籍を取得したいけどどうしたらよいのか分からない

 

経済社会環境のグローバル化が進展する中、日本企業がさらなる成長を実現するためには、国内外の多様な人材が活躍できるような組織作りを通じた、人材の国際化が重要です。

しかしながら、人材の国際化の必要性について、多くの日本企業は総論として認識しているものの、具体的に何をすべきで、何から着手すべきかわからないまま、悩みを抱える企業が存在しているのが現状です。

こうした現状認識の下、当事務所は、企業の国際化による発展を後押しすべく、外国人の雇用と入管法の相談を行っております。

当事務所は、労務管理を中心とする企業法務に強みを持っており、また、海外の法律事務所と連携しております。外国人の雇用や入管法でお悩みの方は気軽にご相談ください。

 

 

外国人雇用・入管相談についてお知りになりたい方はこちら

●外国人雇用 ●退去強制手続
●出国命令
●在留特別許可 ●収容と仮放免 ●行政訴訟
●帰化申請 ●難民認定 ●弁護士と行政書士の違い
●当事務所の海外連携 ●シンガポールへの進出について  

企業の方の法律相談についてはこちらから