事業承継とは

82f79ee0b4a4b0d4bf72c3c64f708679_m.jpg

事業承継とは、例えば、会社の経営者が経営権を息子に継がせることをいいます。

 

よく事業承継において、ご相談を頂くことは、「どのような形で事業を告がせれば良いのか?」というお悩みです。

 

昨今では、ビジネスの環境も非常にスピーディーに変化が起こり、ビジネス環境もあっという間に変わっていきます。例えば、現在中小企業といえど、国内企業だけを相手に業務を進めていくことは難しく、中国や東南アジアといった新興国に生産の拠点を作る、下請け業者を模索するなど、グローバル化が一層進行してきています。

 

また、経営の効率化を図るべく、選択と集中が各企業によって行なわれており、大企業の参加に収まるのか、あるいは地域密着型できめ細かいサービス展開をして生き残るのかという選択をしなければならない状況に立たされているケースも少なくありません。

 

このように、様々な選択肢を考えながら後継者への事業承継を行って行くことが必要になります。後継者への株式の譲渡、土地の譲渡、また譲渡に際しての遺言書の作成など、そろそろ事業承継も考えなければならないとお悩みになられている方は、ぜひ当事務所にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

zigyoshokei

 

 


顧問弁護士 労働問題 契約書 事業承継
倒産・再生 不動産問題 債権回収 外国人雇用・入管
風評炎上対策 不当表示 上場支援 企業の海外進出撤退サポート
税務調査対応 労務調査対応 ユニオン合同労組


顧問弁護士へのリンク